グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 硬組織薬理学分野  > 業績  > 2013年以前の業績  > 2001年の業績(年報版)

2001年の業績(年報版)

2001年(1~12月)

教授大谷啓一
助教授下川仁弥太
助手田村幸彦青木和広
大学院米田哲(3月まで)山添知弘(3月まで)
Linsuwanont Busayarat(3月まで)堀江大介
池田かおり小川卓也
高橋悦子伊藤大輔
山本庸介大久保和美
寺澤真樹子鈴木賀文
小池真理子長濱浩平(4月より)
小島武文(4月より)野中希一(4月より)
Bobby John Varghese(4月より)青木明子(12月より)

(1)教育

教育方針または主要な教育テーマ

薬理学は薬と病気のかかわりに科学的な方法で接近し、薬物の作用の内面を知ろうとする学問である。薬理学の背景には解剖学、生理学、生化学、微生物学、病理学などがあり、これらの科目を包括した総合的な基礎学科目である。さらに歯科臨床における薬物療法の基盤となる知識を得るという観点から、歯科臨床科目とも密接な関連を有している。

薬理学の教育目標は、基本的、代表的な薬物の薬理作用、作用機序、代謝、副作用、臨床応用などについて系統的な知識を修得させる。また、臨床講義や臨床実習の現場において多数の薬物に遭遇しても知識を応用できるような薬理学的基盤を与えることを目的とする。さらに歯科臨床において専用的に使用される薬物についてその特殊性を勘案して解説し理解させる。薬理実習を通じて薬物作用の解析と生物学的検定法の実際を経験させ、実験科学としての薬理学の研究手法に関して学ぶことも重要である。

(2)研究

主要な研究テーマ

本教室では硬組織の生理および薬理を主テーマとして研究を行っているが、特に下記に記す項目について重点的に検索を進めている。

1. 歯、骨の形成機構に及ぼす薬物の作用

2. 骨の吸収機構の薬理学的解析

3. 骨吸収阻害薬の開発と臨床応用に関する試み

4. 重金属中毒と硬組織の関連について

(3)研究業績

[原著]

1.Kumei Y, Shimokawa R, Kimoto M, Kawauchi Y, Shimokawa H, Makita K, Ohya K, Toda K. Gravity Stress Elevates the Nociceptive Threshold Level with Immunohistochemical Changes in the Rat Brain. Acta Astronautica. 2001; 49(3-10): 381-390.

2. S. Domon, H. Shimokawa, S. Yamaguchi, K. Soma: Temporal and spatial mRNA expression of bone sialoprotein and type I collagen during rodent tooth movement. European Journal of Orthodontics. 23: 339-348, 2001

3. M. Ishiyama, T. Inage, H. Shimokawa: Abortive Secretion of an Enamel Matrix in the Inner Enamel Epithelial Cells During an Enameloid Formation in the Gar-Pike, Lepisosteus oculatus (Holostei,Actinopterygii). Arch Histol Cytol. 64(1): 99-107, 2001

4. I. Gorai, K. Nonaka, H. Kishimoto, H. Sakata, Y. Fujii, T. Fujita: Cut-off Values Determined for Vertebral Fracture by Peripheral Quantitative Computed Tomography in Japanese Women. Osteoporosis International. 12:741-748, 2001

5. H. Nakamura, S. Morita, Y. Kumei, K. Aoki, H. Shimokawa, K. Ohya, K. Shinomiya: Effects of Neurectomy and Tenotomy on The Bone Mineral Density and Strength of Tibiae. Acta Astronautica. 49(3-10):179-190, 2001

[著書]

1. 大谷啓一「コアリーダー歯科薬理学」(分担) 学健書院
2. 下川仁彌太「カルシウムと骨」(分担) 朝倉書店

[総説]

1.骨形成・骨吸収の最近のトピックス (須田立雄 編)-TNF-αのペプチドアンタゴニストによる破骨細胞形成抑制作用-. The Bone. 15(4):357-362, 2001. メディカルレヴュー社

[学会]

1. 柴田達也, 青木和広, Murali R, Baron R, 大谷啓一. TNF-TNF受容体相互作用の環状ペプチドインヒビターは、RANKL-RANK相互作用を妨げることにより破骨細胞形成を抑制できる. 第74回日本薬理学会年会, 横浜, 2001年3月

2. T. Damrongruang, S. Kuroda, D. Sato, K. Aoki, H. Kondo, K. Miyamoto, K.Ohya, S. Kasugai: Selective Drug Delivery System to Bone; (Gla)3-Conjugation. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

3. T. Shibata, W. R. Duarte, K. Takenaga, M.Yamauchi, K. Ohya, I. Ishikawa, S. Kasugai: Extracellular Calcium and S100A4 Protein in Osteoblastic Cells. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

4. D. Horie, K. Aoki, K. Ohya: Change of Rat Bone Marrow Cell Population after Bisphosphonate Injection. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

5. D. Sato, S. Kuroda, T. Damrongrungruang, D. Itoh, S. Yoneda, K. Ohya, S. Kasugai: Experimental Model of Socket Healing after Rat Mandibular Incisor Extracion. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

6. T. Ogawa, H. Shimokawa, K. Fukada, S. Suzuki, S. Shibata, K. Ohya, T. Kuroda: Role of bFGF on chondrogenesis in mandibular condyle in vitro. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

7. E. Takahashi, M. Mukohyama, K. Aoki, W. R. Duarte, S. Enomoto, K. Ohya, S. Kasugai: Extracelluar High Calcium Environment Affects Osteoclastogenesis in vitro. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

8. B. Linsuwanont, Y. Takagi, K. Ohya, H. Shimokawa: Expression of Cathepsin K and MMP-9 during Deciduous Tooth Resorption. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

9. Y. Tamura, K. Ohya: Heavy Metal Induces Metallothionein in Rat Dental Pulp. IADR 79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan, June 2001

10. R. Valdivia, Shimokawa. H, Torrees-Quintana. M. A, Gaete. M, Kato. M: Construction of the homologue recombination targeting vector for the amelogenin knock-out mice. LA LONDE LES MAURES, France, June, 2001

11. 青木和広, 堀江大介, 大谷啓一. 低カルシウム食飼育マウスにおけるTNF-αペプチドアンタゴニストの骨吸収抑制作用. 第21回日本骨形態計測学会, 長野, 2001年7月

12. 青木和広, 鈴木賀文, 柴田達也, Ramachandran Murali, Roland Baron, 大谷啓一. TNFペプチドアンタゴニストはRANKL/RANK相互作用を抑制し、低カルシウム食飼育によるマウスの骨吸収亢進を抑制する. 第19回日本骨代謝学会, 名古屋, 2001年8月

13. 十字琢夫, 青木和広, 堀江大介, 大谷啓一, Marc Hertz, Anand Gautam, Soren Mouritsen, 織田弘美, 中村耕三, 田中栄. RANKL vaccinationによる新しい骨代謝疾患治療法の開発. 第19回日本骨代謝学会, 名古屋, 2001年8月

14. 青木和広, 十字琢夫, 堀江大介, 田中栄, 大谷啓一. マウス卵巣摘出モデルにおけるRANKLワクチンの効果. 第43回歯科基礎医学会, 埼玉, 2001年9月

15. 堀江大介, 青木和広, 大谷啓一. ビスフォスフォネートの骨形成促進作用に関する研究. 第43回歯科基礎医学会,埼玉, 2001年9月

16. T. Juji, K. Aoki, D. Horie, K. Ohya, M. Herz, A. Gautam, S. Mouritsen, H. Oda, K. Nakamura, S. Tanaka: A Novel Therapeutic Vaccine Pathological Bone Destruction in Models of Osteoporosis and RA. 23rd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Phoenix, Arizona, USA, October 2001

17. K.Aoki, Y.Suzuki, T.Shibata, R.Murali, W.C.Horne, M.J.Greene, K.Ohya, R.Baron: A TNF-α-Related Peptide Inhibits Bone Resorption in Vivo and Osteoclastogenesis in Vitro by Interfering with RANK/RANKL Interaction. 23rd Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Phoenix, Arizona, USA, October 2001

18.田村幸彦, 大谷啓一: 炎症性サイトカインによりラット歯髄細胞様細胞に発現誘導されるメタロチオネイン遺伝子. 第105回日本薬理学会関東部会, 東京, 2001年11月

[研究助成金]

基盤研究B2 
Bisphosphonatesの骨系細胞に対する標的部位の探索―骨吸収抑制作用と骨形成促進作用― 大谷啓一                 

基盤研究B2 
薬物による顎骨吸収の抑制と制御―3次元骨形態計測法と骨塩量測定による解析― 大谷啓一

基盤研究B2
歯槽骨の炎症性骨破壊を阻止する画期的骨吸収抑制薬の開発 青木和広

基盤研究C2
骨吸収抑制薬開発への新しいアプローチ:リガンド/受容体接触ポイントからの創薬―青木和広

[その他]

第21回日本骨形態計測学会学会賞「低Ca食飼育マウスにおけるTNF-αペプチドアンタゴニストの骨吸収抑制作用」 青木和広