グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 硬組織薬理学分野  > 業績  > 2015年の業績

2015年の業績

原著
1. Mohannad Nassar, Noriko Hiraishi, Yukihiko Tamura, Masayuki Otsuki, Kazuhiro Aoki, Junji Tagami.: Phytic Acid: An Alternative Root Canal Chelating Agent. J Endod. 41 (2): 242-247 2015
2. Toshimi Sato, Neil Alles, Masud Khan, Kenichi Nagano, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Asako Shimoda, Keiichi Ohya, Kazunari Akiyoshi, Kazuhiro Aoki.: Nanogel-crosslinked nanoparticles increase the inhibitory effects of W9 synthetic peptide on bone loss in a murine bone resorption model. International Journal of Nanomedicine 10:3459–3473 2015 DOI http://dx.doi.org/10.2147/IJN.S61566
3. Kato G, Shimizu Y, Arai Y, Suzuki N, Sugamori Y, Maeda M, Takahashi M, Tamura Y, Wakabayashi N, Murali R, Ono T, Ohya K, Mise-Omata S and Aoki K.: The inhibitory effects of a RANKL-binding peptide on articular and periarticular bone loss in a murine model of collagen-induced arthritis: A bone histomorphometric study. Arthritis Research & Therapy 2015 17:251-265 DOI: 10.1186/s13075-015-0753-8
4. Chatani M, Mantoku A, Takeyama K, Abduweri D, Sugamori Y, Aoki K, Ohya K, Suzuki H, Uchida S, Sakimura T, Kono Y, Tanigaki F, Shirakawa M, Takano Y, Kudo A.: Microgravity promotes osteoclast activity in medaka fish reared at the international space station. Scientific Reports 09/2015; 5(14172):1-13. DOI:10.1038/srep14172
5. Natsuki Suzuki, Kazuhiro Aoki, Petr Marcián, Libor Borák, Noriyuki Wakabayashi.: A threshold of mechanical strain intensity for the direct activation of osteoblast function exists in a murine maxilla loading model. Biomech Model Mechanobiol doi: 10.1007/s10237-015-0746-1 2015


書誌
1. Mise-Omata, S, Doi TS, Aoki K, Obata Y.: Impact of radiation on hematopoietic niche. edd. Kursad Turksen In Biology in Stem Cell Niche. pp147-160. Springer Humana Press 2015



学会 
1. 骨再生ペプチドの網羅的改変による親和性向上とその特性評価. 永野貴士、向 洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、青木和広、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、東阪和馬、吉岡靖雄、堤 康央. 日本薬学会第135回年会 2015年3月25_28日 神戸(デザイン・クリエイティブセンター神戸1F KIITOホール)
2. A rankl-binding peptide accelerates BMP-induced bone regeneration in murine maxilla by subperiosteal injections.:Uehara T, Mise S, Arai Y, Sugamori Y, Kato G, Tamura Y, Tabata Y, Murali R, Wakabayashi N, Miyashin M, Aoki K. 13th Congress of the Internatitonal Society of Bone Morphometry 2015年4月27_29日 東京(東京ガーデンパレスホテル)
3. マウス抜歯窩に局所適用したRANKL結合ペプチドとBMP-2の併用による骨形成促進作用の評価. 新井祐貴、青木和広、三瀬節子、清水康広、小野卓史、若林則幸.  第35回日本骨形態計測学会 2015年6月4-6日 倉敷(倉敷市芸文館)
4. NanoClikナノ粒子のペプチド徐放性の検討―NanoClikナノ粒子がW9の骨吸収抑制作用を助けるメカニズム―. 佐藤俊三、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015年6月20_21日 横浜(鶴見大学大学会館)
5. 歯学生における漢方医学教育~教授システム学・インストラクショナルデザインの手法を導入・第2報~. 高橋悦子、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一、青木和広. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015年6月20_21日 横浜(鶴見大学大学会館)
6. RANKL結合ペプチドの軟骨修復作用の検討. 吉成悠紀、Md. Zahirul Haque Bhuyan、田村幸彦、青木和広. 第132回日本薬理学会関東部会 2015年7月4日 浦安(明海大学浦安キャンパス)
7. 骨芽細胞におけるRANKL逆シグナルの役割(学会シンポジウム6_骨代謝カップリング機構の新展開3). 本間 雅、林 円香、池淵祐樹、青木重樹、菅森泰隆、青木和広、鈴木洋史. 第33回日本骨代謝学会学術集会 2015年7月23日~25日 東京(京王プラザホテル) 
8. The preliminary results on the effects of RANKL-binding peptide of cartilage destruction. :Md. Zahirul Haque Bhuyan, Yoshinari Y, Kawasaki M, Sugamori Y, Kato G, Takahashi M, Tamura Y, Aoki K.12th Bone Biology Forum 2015年8月21_22日 千葉(Cross Wave 幕張)
9. 骨形態計測に用いられる非脱灰切片作成法の比較 青木和広  第24回骨組織再生生物学会学術大会 2015年8月21_22日 大阪(大阪歯科大学創立100周年記念館)
10. 亜鉛処理による軟骨前駆細胞(ATDC5)におけるメタロチオンネインの発現について. 田村幸彦、三瀬節子、菅森泰隆、Md Zahirul Haque Bhuyan、高橋真理子、上原智己、新井祐貴、宮新美智世、若林則幸、青木和広. 第133回日本薬理学会関東部会 2015年10月10日 千葉(柏市、柏の葉カンファレンスセンター)

受賞
1. 上原智己. New Investigator Award(第13回国際骨形態計測学会 2015/4/27_29、東京)
2. 青木和広. ベストテイーチャー賞(東京医科歯科大学創立記念行事_やる気倍増プロジェクト 2015/10/13)


特許_出願
1. 青木和広、加藤玄樹、大谷啓一.: オステオプロテジェリン誘導体及びその用途 2015年3月11日 (2015-48698)


大学院特別講義
1. 田中賢(九州大学先導物質化学研究所 教授)「生体親和性材料の設計-バイオ界面における水和水の機能から臨床を考える-」 2015年6月22日
2. 三浦佳子(九州大学大学院 工学研究院 教授)「細胞表層の機能を模倣する高分子」 2015年7月27日
3. 村上伸也(大阪大学 大学院歯学研究科 教授)「歯周組織再生療法の近未来」 2015年7月30日