グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 硬組織薬理学分野  > 業績  > 2014年の業績

2014年の業績

原著
1. Negishi,N. Suzuki,D. Ito,R. Irie,N. Matsuo,K. Yahata,T. Nagano,K. Aoki,K. Ohya,K. Hozumi,K. Ando,K. Tamaoki,N. Ito,M. Habu,S.: Effective expansion of engrafted human hematopoietic stem cells in bone marrow of mice expressing human Jagged1aDepartment of Immunology. Experimental Hematology 42:487–494 2014
2. Hirata-Tsuchiya,S. Fukushima,H. Katagiri,T. Ohte,S. Shin,M. Nagano,K. Aoki,K. Morotomi,T. Sugiyama,G. Nakatomi,C. Kokabu,S. Doi,T. Takeuchi,H. Ohya,K. Terashita,M. Hirata,M. Kitamura,C. Jimi,E.: Inhibition of BMP2-induced bone formation by the p65 subunit of NF-kB via an interactionwith Smad4. Mol Endocrinol (ISSN Print 0888-8809 ISSN Online 1944-9917) doi: 10.1210/me.2014-1094 2014
3. Aoki,K. Maeda,M. Nakae,T. Okada,Y. Ohya,K. Chiba,K.: A disulfide bond replacement strategy enables the efficient design of artificial therapeutic peptides. Tetrahedron 70:7774-7779 DOI:10.1016/j.tet.2014.05.079 2014
4. Mise-Omata, S. Obata,Y. Doi,T.: p100, a precursor of NF-jB2, inhibits c-Rel and reduces the expression of IL-23 in dendritic cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 453:332-337 2014 doi: 10.1016/j.bbrc.2014.09.143
5. Mise-Omata,S. Alles,N. Fukazawa,T. Aoki,K. Ohya,K. Jimi,E. Obata,Y. Doi,T.: NF-κB RELA-deficient bone marrow macrophages fail to support bone formation and to maintain the hematopoietic niche after lethal irradiation and stem cell transplantation. International Immunology 26(11):607-618 2014 doi:10.1093/intimm/dxu062
6. Nassar,M. Hiraishi,N. Islam,MS. Tamura,Y. Otsuki,M. Kasugai,S. Ohya,K. Tagami,J. Tay, FR.: The effect of glutathione on 2-hydroxyethylmethacrylate cytotoxicity and on resin-dentine bond strength. International Endodontic J 47(7):652-658 doi: 10.1111/iej.12201 2014
7. Nassar,M. Hiraishi,N. Shimokawa,H. Tamura,Y. Otsuki,M. Kasugai,S. Ohya,K. Tagami,J.: The inhibition effect of non-protein thiols on dentinal matrix metalloproteinase activity and HEMA cytotoxicity. J Dentistry 42(3):312-318 doi: 10.1016/j.jdent.2013.11.023 2014
8. Noritake, K. Kuroda, S. Nyan, M. Atsuzawa, Y. Uo, M. Ohya, K. Kasugai, S.: Use of a gelatin hydrogel membrane containing beta-tricalcium phosphate for guided bone regeneration enhances rapid bone formation. Dental Mater J 33(5):674-680 doi: 10.4012/dmj.2014-123 2014
9. Kimura A, Kabasawa Y, Tabata Y, Aoki K, Ohya K, Omura K.: Gelatin hydrogel as a carrier of recombinant human fibroblast growth factor-2 during rat mandibular distraction. J Oral Maxillofac Surg. 2014 Oct;72(10):2015-31. doi: 10.1016/j.joms.2014.03.014. Epub 2014
10. Nassar M, Hiraishi N, Tamura Y, Otsuki M, Aoki K, Tagami J.: Phytic Acid: An Alternative Root Canal Chelating Agent. J Endod. pii: S0099-2399(14)00936-4. doi: 10.1016/j.joen.2014.09.029. 2014



学会 
1. ラット下顎骨延長におけるbFGF含有gelatin hydrogelの有用性.: 木村敦、樺沢勇司、佐藤昌、高原楠旻、樋口佑輔、松本佳奈子、田畑泰彦、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、小村健. 第13回日本再生医療学会総会. 2014年3月4-6日. 京都
2. The effects of the RANK-like peptide on murine rheumatoid arthritis model (マウス関節リウマチモデルにおけるRANK様ペプチドの作用).: 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、高橋真理子、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. 第87回日本薬理学会年会. 2014年3月19-21日. 仙台
3. ファージ表面提示法を駆使した新規高親和性骨再生ペプチドの創製に向けた基礎検討.: 永野貴士、向洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、大谷啓一、青木和広、東阪和馬、吉岡靖雄、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、堤康央. 日本薬学会第134年会. 2014年3月27-30日. 熊本
4. マウス骨吸収モデルにおいてPEG架橋したCHPナノゲルは合成ペプチドW9の骨量減少抑制効果を増強した.: 佐藤俊三、青木和広、田村幸彦、大谷啓一. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会. 2014年6月21-22日. 大阪 
5. 歯学生における漢方医学教育~教授システム学・インストラクショナルデザインの手法を導入して~. 高橋悦子、青木和広、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会. 2014年6月21-22日. 大阪
6. 薬理学実習における医歯学シミュレーション教育システムの応用と評価.: 高橋真理子、田村幸彦、青木和広、須永昌代、木下淳博、大谷啓一. 第33回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2014年7月4-5日 北九州
7. Basic analysis for screening a novel bone-regenerating peptide from the phage peptide library.: Nagano, T. Mukai, Y. Sugamori, Y. Kato, G. Ohya, K. Aoki, K. Higashisaka, K. Yasuo Yoshioka, Y. Nagano, K. Kamada, H. Tsunoda, S. Tsutsumi, Y. CRS2014 シカゴ 2014年7月12-16日
8. RANKL結合ペプチドはマウス頭蓋骨欠損モデルの骨新生を促進する.: 菅森泰隆、本間雅、加藤玄樹、田村幸彦、古屋優里子、保田尚孝、田畑泰彦、宇田川信之、大谷啓一、鈴木洋史、青木和広.第32回日本骨代謝学会学術集会 大阪 2014年7月24-26日
9. 国際宇宙ステーション内メダカ飼育実験による、微小重力における骨代謝の解析.: 茶谷昌宏、萬徳晃子、武山和弘、青木和広、菅森泰隆、大谷啓一、内田智子、鈴木ひろみ、崎村徹、河野靖、谷垣文章、白川正輝、猪早敬二、Adbuweri Dawud、高野吉郎、工藤明. 第32回日本骨代謝学会学術集会 大阪 2014年7月24-26日
10. RANKL-binding peptides increased bone formation in a murine calvarial defect model.: Sugamori,Y. Honma,M. Kato,G. Tamura,Y. Furuya,Y. YasudaH, Tabata,Y. Udagawa,N. Ohya,K. Suzuki,H. Aoki,K. アメリカ骨代謝学会2014 Houston, Texas, USA 2014年9月12-15日
11. Rearing Medaka Fish in International Space Station (ISS) for Bone Metabolism Study.: Chatani,M. Mantoku, A. Takeyama,K. Aoki,K. Sugamori,Y. Ohya,K. Uchida,S. Suzuki,H. Sakimura,T. Kono,Y. Tanigaki,F. Shirakawa,M. Inohaya,K. Abduweri,D. Takano,Y. Kudo,A. アメリカ骨代謝学会2014 Houston, Texas, USA 2014年9月12-15日
12. RANKL結合ペプチドの骨吸収抑制作用と骨形成促進作用.: 青木和広、菅森泰隆、加藤玄樹、上原智己、新井祐貴、Md.Zahirul Haq Bhuyan、Neil Alles、Masud Khan、高橋真理子、田村幸彦、若林則幸、大谷啓一. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡 2014年9月25-27日
13. Ⅱ型ウシコラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収抑制作用.: 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡 2014年9月25-27日
14. 骨再生ペプチドの医薬品化を目的とした新規高親和性骨再生ペプチドの創製に向けた基礎検討.: 永野貴士、向 洋平、菅森泰隆、加藤玄樹、青木和広、大谷啓一、東阪和馬、吉岡靖雄、長野一也、鎌田春彦、角田慎一、堤 康央. 第87回日本生化学会大会 京都 2014年10月15-17日

招待講演
1. 青木和広.: 骨吸収疾患に対するペプチド製剤開発の可能性. 薬力学研究会学術講演会 東京医科歯科大学 2014年2月25日
2. 青木和広.: ペプチド薬の可能性-骨吸収抑制ペプチドの骨形成促進作用-. 日本薬学会第134年会(一般シンポジウム: 次世代バイオ医薬開発に向けた創薬イノベーション). 2014年3月27-30日. 熊本

主催セミナー
1. 大学院特別講義(産学連携研究センター共催)「科学の研究成果を国民に利益還元する具体策と実行:めざせ社会企業家!」石川 智久(NPO法人地域再興・個別化医療支援理事長) 2014年9月29日
2. 大学院特別講義「バイオ医薬の最適化に叶う創薬基盤技術の開発」吉岡 靖雄(大阪大学大学院薬学研究科毒性学分野 准教授)2014年11月10日
3. 大学院特別講義「骨代謝におけるWnt非古典経路の役割」小林 泰浩(松本歯科大学・総合歯科医学研究所・硬組織解析学 准教授)2014年11月17日

記事
1. 青木和広.: 骨疾患治療薬としてのペプチド薬―骨吸収抑制ペプチドの骨形成促進作用―.藥事日報 2014年10月6日
2. 青木和広.: 骨粗鬆症と歯の治療. 日経MOOKよくわかる歯科治療2015. 日本経済新聞出版社.2014
3. 青木和広.: 歯科医療と骨粗鬆症―骨粗鬆症の薬物治療を受けた来院患者の増加に備えて―. ZOOM UP 2014 No.139 pp2-5 2014年8月

書誌・解説
1. 青木和広.: 脆弱骨はどの程度強靭か?マウスの骨を用いた骨形成不全症の検討.JBMR日本語版 1(3):16-17 2014
2. 青木和広.: 骨吸収性疾患治療に向けた新規RANKアンタゴニストの開発:理論的な構造予測とその実験的検証.JBMR日本語版 1(3):20-21 2014