看護システムマネジメント学分野授業概要

授業風景

 学部教育では、学部1年生を対象として「看護の統合と実践T」を、学部4年生を対象に「看護の統合と実践U」「看護の統合と実践実習」「卒業論文」を担当しています。いずれの科目でも社会構造や医療の提供体制および看護が果たしうる役割の変化に対応していくために必須となる、専門職として継続して主体的に学習する態度・能力の育成を重視しています。

 大学院教育では、総合保健看護学専攻の博士(前期)課程の学生のみなさんが受講できる共通科目として「看護学研究法特論(一部)」「看護管理学特論」「看護政策学特論」を担当しています。受講される方々が、基礎的な研究能力・看護におけるリーダーシップやマネジメントの基本的知識と実際・看護の質向上に有効な政策的な活動のための基礎的知識を身につけることを目指しています。

学部

         
担当科目 学年/単位
看護の統合と実践T 1年生/必修2単位
看護の統合と実践U 4年生/必修2単位
看護の統合と実践実習T・U 4年生/必修3単位
卒業論文U 4年生/必修2単位

■シラバス
東京医科歯科大学トップページ > 学生生活 > 教育要項(学部シラバス)
医学部保健衛生学科 看護学専攻

大学院

担当科目 単位
看護管理学特論 選択2単位
看護政策学特論 選択2単位
看護システムマネジメント学特論A 必修2単位
看護システムマネジメント学演習A 選択2単位
看護システムマネジメント学特論B 必修2単位
看護システムマネジメント学演習B 選択2単位
看護学研究法特論(一部担当) 選択2単位
看護システムマネジメント学特論 必修4単位

■シラバス
東京医科歯科大学トップページ > 学生生活 > 履修要項(大学院シラバス)
保健衛生学研究科履修要項