リプロダクティブヘルス看護学
東京医科歯科大学トップ保健衛生学研究科リンクページ
リプロダクティブヘルス看護学分野のホームページへようこそ。

当分野では、リプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)に関する教育と研究を中心に行っています。看護学の教科目では、母性看護学を担当します。妊娠・分娩・育児をはじめ、女性のライフサイクル全体を通して、性と生殖に関する種々の健康課題の現状を捉え、科学的な根拠に基づく看護を追及しています。

最近の研究テーマ

1.助産ケアの科学的根拠の検証
助産師が妊娠、分娩、産褥期に用いる診断技法や助産ケア技術の中には、経験的に効果が認められてはいますが、科学的な研究データによる裏付けが明確にされていないものがあります。そこで、助産ケアのエビデンスを検証する生体指標を用いた調査研究を行っています。

2.出産後の女性と家族を対象とした育児支援
子どもの虐待の対象として最も多いのは乳児です。そして虐待を行うのは、母親や父親です。そこで、出産後の女性と家族が、順調に新しい家族を迎えた生活に慣れていくために有効な関わり方を企画し、その効果を検証する研究を行っています。また、母のメンタルヘルスに関する研究も行っています。

3.性と生殖に関わる様々な健康問題に対するセルフケア支援
月経に関わる様々なトラブル、HIVを含む性感染症、不妊、望まない妊娠、出生前診断、性暴力など、性と生殖に関わる健康問題は、個人のプライバシーやタブーに触れる問題です。そこで、これらの問題に直面する女性を支援するために、質的な研究に基づく実態を明らかにし、セルフケアを支援する方策を探る研究を行っています。

研究支援

本学医学部附属病院の看護部教育委員会から本分野に関連のあるテーマの臨床研究の協力が依頼された年には、研究のアドバイスなどの協力をしています。

  

  

NEWS

2012.8.3.
今現在、抄読会等は開催されておりません。


2012.8.3.
3年生は前期試験ご苦労様でした。いよいよ後期母性看護学実習が始まります。初日は技術テストです。事前の技術練習をしておきましょう。


2012.8.13.
特論Aは夏期特別時間を設けています。