高齢者看護学・ケアシステム開発学分野の教育方針


講座教育紹介

 高齢社会を迎え、介護保険制度の開始とともに、高齢者看護学への期待が急速に高まっている。家族を含む高齢者へのより高度で専門的な看護の実践方法と理論にもとづく、高齢者看護学は新しい学問及び専門領域として確立することが求められている。また、対象者のニーズに応えるためのケアマネジメントや看護管理、ケアシステム開発の推進は重要な医療の課題となっている。国内外の動向をふまえ、リーダーシップを発揮できる人材養成のための学際的・国際的な教育研究活動を推進することが必要である。

専攻教育課程照合表
実習について


学部

1 科目の概要

 高齢者の心身・社会経済的な変化に関する理解を基盤として、老年期に発症しやすい健康障害・機能障害とそれらに対する基本的な支援技術を習得する。老年期にある対象を理解するための基本的概念・理論を学ぶ。また、老年看護学の背景となる日本社会における保健・医療・福祉の動向を知り,医療チームの一員として多角的な視野をもって看護を提供するための基本的な態度を養う。

2 教育方針・教育目標

・教育方針
 老年看護学の教育方針は,老年期にある対象を理解し,看護援助を創造していく知識と技術を養うことである。さらに,学問としての老年看護学の確立に資することを目指している。
・教育目標
 1)老年期にある対象の身体的・精神的・社会的側面の特徴を理解する。
 2)高齢者の健康障害とそれに伴う諸問題、およびそれらに対する基本的な支援技術を習得する。
 3)高齢者と家族に対する看護援助の基本を習得する。
 4)高齢者の健康状態を維持するための保健・福祉・医療の活動を理解し,その中で看護の役割について理解する。
 5)多くの人生経験をつんだ高齢者を尊重する態度を養う。


大学院

1 教育方針

 高齢者看護・ケアシステム開発学特論では、高齢者看護に関する理論・専門的知識や支援方法・理論を学び、効果的な実践や包括的なケアシステム開発を推進していける能力を養成する。
 高齢者看護のスペシャリストとして健康問題に対応し、問題解決できるように、高齢者とその家族の身体的・精神的・社会的な多側面からのアセスメントの方法を学ぶとともに、より専門的・発展的な高齢者看護の知識と技術を習得する。高齢者のソーシャルサポート及び保健医療福祉政策に関する知識を深め、それらを実践に活用できる能力を養う。

2 教育目標
 1)高齢者と家族の健康生活を適切な指標を用いてアセスメントし、より専門的な知識と技術に基づいて看護援助を行うための理論と実践方法を修得する。
 2)チーム医療における高齢者看護の役割と機能を理解し、専門的な理論と技術をもって介入し、支援できる能力を修得する。
 3)高齢者と家族へのソーシャルサポートの必要性と特質を学ぶとともに、サービスを統合し、組織化するための理論と方法を学ぶ。
 4)高齢者の保健医療福祉に関する制度や施策・政策について理解し、専門職としての役割と機能を発揮できる能力を修得する。

トップページに戻る