トップへ 教育概要業績紹介スタッフ紹介アクセスお問合せENGLISH PAGE

基盤看護開発学講座
看護ケア技術開発学
〒113-8510 
東京都文京区湯島1-5-45
tel: 03-5803-5345

Top > 教育概要

教育概要

1. 学部教育

学部教育では、1年生と2年生を対象に基礎看護学を担当しています。看護学の基盤となる理論、専門職業人としての態度、看護学に共通した援助技術修得に必要な知識、技能を教授します。また3年生と4年生には、当分野での卒業研究を選択した学生を対象に、講義、ゼミ形式、個別指導など多彩な教育方略を用いて学生の指導に当たっています。

年次

科目名

科目の概要

教育内容

1年

基礎看護学 I

看護学入門として、看護観形成の基礎となる知識を習得し、対象となる人々への理解を深めます

看護の本質、看護をとりまく概念、看護の歴史、看護理論など

基礎看護学実習 I

学習の早期に病院での看護活動を見学し、看護の実践を体験します

医学部・歯学部附属病院でのshadowing実習など

2年

基礎看護学 II

看護を実践し、探求する能力を身につけ発展させるために、全ての看護場面に共通する基本の技術や日常生活への援助技術、診療に伴う看護技術を学びます

日常生活援助技術 (フィジカルアセスメント・環境・清潔・食事・排泄など) 診療に伴う看護技術

基礎看護学 III

基礎看護学演習 I

基礎看護学演習 II

基礎看護学実習 II

基礎看護学の学習のまとめとして、病棟実習を行い、看護過程を理解するとともに、看護実践活動を通して医療人としての態度や責務、倫理観を学びます

医学部・歯学部附属病院での受け持ち患者を通した看護学実習

4年

卒業研究 II

学生の興味のある研究テーマを支持しながら、研究方法を学びます

文献検索、研究方法と論文の書き方、研究成果の発表

2. 大学院教育

大学院教育では、院生の主体性を尊重してテーマを精選し、学位論文としての意義と研究計画、研究の進捗に対して、分野の全院生が参加する研究ゼミと、教員による個別指導を効果的に組み合わせて実施しています。院生は、日常生活援助技術や危険予知教育などをテーマとして、臨床での介入研究や実験環境での基礎研究などに研究に取り組んでいます。

2007 All Rights Reserved by Tokyo Medical and Dental University