大学院保健衛生学研究科「共同災害看護学専攻」スタッフ

教授 佐々木 吉子

  • 取得学位:看護学博士(東京医科歯科大学)/重篤・救急看護学
  • 主な職歴:千里救命救急センター、九段坂病院、日本看護協会
  • 一言:
    災害看護学は、これから学際的・国際的に発展していく分野だと思います。当研究室では、まずは大学の地元における防災・減災対策に着目し、災害拠点病院と地域との連携システムが構築・発展するために、災害看護学専攻としてどのような貢献ができるかを常に問いながら、教員・院生で協働し、いくつかの取り組みをしています。ともに活動してくださる熱意ある院生をお待ちしています。

研究テーマ

1.都市型大規模災害発生に備えた災害急性期の地域医療提供システムの向上と看護グローバルリーダーの役割構築に向けた研究
2.医療職のための災害支援シミュレーション学習システムの考案
3.一般看護職のためのNBC 災害急性期から中長期における実践的看護支援ドリルの開発

准教授 駒形 朋子

  • 取得学位:医学博士(長崎大学)/熱帯公衆衛生学、国際保健学
  • 主な職歴:長崎大学熱帯医学研究所、千葉大学、日本看護協会
  • 一言:
    災害が発生すると急性期に注目が集まりがちですが、復興に向かう道のりは非常に長く多様なものです。私は中・長期的な復興の過程に着目し、災害によって変化したいわば異文化の環境において、人々の日常生活がどのように変化し健康を含むWell-beingと関連しているのかを明らかにしたいと考えています。広い視野、多様な視点から災害看護を探究してみませんか。

研究テーマ

・ 災害復興期における人々の日常生活とwell-beingの関連に関する研究
・ ベトナムにおける災害看護教育に関する研究
・ 看護におけるロボットの活用について

PAGE TOP