研究内容



研究概要


  直接の研究対象はリポ蛋白およびその主要成分であるコレステロールや中性脂肪、構
 成・機能蛋白である各種アポ蛋白、およびその代謝・分解産物や代謝に関わる酵素類で
 あるが、これらの詳細な研究を通じて、粥状動脈硬化性疾患の早期病態把握に有用な
 バイオマーカーを開発することが主要な研究テーマある。

  具体的には、High-density lipoproteinHDL)および主要構成蛋白である
  apolipoprotein A-Iのreverse cholesterol transport(RCT)、antioxidant ability、および 
  anti-inflammatory effectに着目した冠動脈疾患の特異バイオマーカーの開発がテーマで
  ある。冠動脈疾患の危険因子は多数報告されており、それらの検査によって心筋梗塞な
  どの発症リスクを軽減することに一定の効果は得られている。しかし、リスク回避に努力し
  ている方が多いにも関わらず心筋梗塞で亡くなる頻度が依然として激減しないのも事実で
  ある。リスクのある方を中心に、定期的に、しかも簡易に検査可能なバイオマーカーの必
  要性が強く望まれている。RCT、antioxidant ability、anti-inflammatory effectは抗動脈硬
  化の有用なメカニズムと考えられているが、当研究室ではそのメカニズムに関わる多数
  の成分より、様々な時点におけるリアルタイムな病態把握に有用なバイオマーカーを発見
  し、測定法を開発することを目指している。

 
研究課題 Research Focus
 心血管疾患発症の残存危険度を評価可能なバイオマーカーの開発
   
Development of a new biomarker to estimate residual risk for cardiovascular disease 
 
化学修飾を受けたHDLおよびアポ蛋白A-Iの機能に関する研究
   
Study on the functions of chemically modified HDL and apolipoprotein A-I
 ・アポ蛋白E含有HDLの機能解析と臨床的意義に関する研究
   Study on the functions and clinical significance of apolipoprotein E containing HDL
 



 

共同研究者1


 本田 孝行 先生 (信州大学医学部病態診断解析学)
 山内 一由 先生 (筑波大学人間総合科学研究科)
 菅野 光俊 先生 (信州大学医学部附属病院臨床検査部)
 松田 和之 先生 (信州大学医学部附属病院臨床検査部)
      


共同研究者2


 矢冨  裕  先生 (東京大学大学院医学系 臨床病態検査医学)
 池田  均  先生 (東京大学大学院医学系 臨床病態検査医学)
 大久保滋夫 先生 (文京学院大学 保健医療技術学部)
      



    卒業研究論文


    2016年度
      
    1. 酵素サイクリング法を用いた高感度コレステロール測定法(五十嵐 好)
     
    2. 蛍光コレステロールを用いた赤血球関連コレステロール輸送の解析(笹岡 真衣)
     
    3. SAA containing HDLの構造解析(藤井 祐葵)
      4. 超遠心法と沈殿法で分離したHDLの性質・機能の比較(渡部 芽以)
    2015年度
      1. Serum Amyloid A containing high-density lipoproteinの抗酸化能解析 (垂門 碧)
     
    2. HDL中Paraoxonase1の酸化LDLへの転移 (中村 文香)
      3. 蛍光法によるコレステロール引き抜き能測定法の検討 (堀内 優奈)
      4. HDLおよびHDLのapoC含有量の比較 (山崎 あず
    2014年度
      1. 機能試験を目的としたPON1結合HDLの精製 (生駒 勇人)
      2. VLDLおよびHDL中アポリポ蛋白C-IIN-ホモシステイン化とその検出 (森田 真麻)

    2013年度
      1. 血清アミロイドA(SAA)含有HDLの構造および抗酸化能の評価 (表谷 文美芳)
      2. HDLの抗酸化作用に及ぼすparaoxonase1活性の影響 (角田 真璃)

    2012年度
      1. Reconstituted HDLを用いたN-ホモシステイン化apolipoprotein AIの特性評価 (佐藤 良昭)
      2. HDLのmyeloperoxidaseによる酸化はHDL中apoAIのchymase感受性を高める (冨田 沙希)
      3. 過酸化脂質の測定法確立とapoE含有HDL中の濃度解析 (間宮 周平)

    2011年度
      1. 血清アミロイドA(SAA)がHDLの構造に及ぼす影響 (吉田 碧美)
      2. 血中paraoxonase 1の活性測定法確立と抗酸化機能への関与 (吉本 明)

     2010年度
      1. 血中paraoxonase-1の解析と測定法の確立 (立川 聡)
      2. C-terminally truncated apoAIの解析 (宮崎 あかり)

     2009年度
      1. 血清中apolipoproteinE含有HDLのcharacterizationと定量法の構築 (榎本 真那実)
      2. Myeloperoxidase測定法の確立 (岡田 薫子)
      3. ヒト血清中apolipoproteinAI-AII heterodimerの解析 (亀田 貴寛)
      4. N-ホモシステイン化アポリポ蛋白AIの質量分析による解析 (山崎 駿介)

     2008年度
      1. N-ホモシステイン化apolipoprotenAIのLCATの活性化に及ぼす影響 (佐藤 恵美)
      2. LCAT活性化に及ぼすapolipoproteinAIのMyeloperoxidaseによる酸化の影響 (隅田 環)

     2007年度
      
    1. Cathepsin DによるAmyloid β蛋白分解に及ぼすApolipoprotein Eの影響 (有竹 智之)
      2. 血清中Apolipoprotein AI-AII heterodimer測定法の確立 (清水 勝俊)
      3. 尿中リポタンパクのprofiling (野木 世莉那)
      4. 血清中Apolipoprotein AI-AII heterodimerの解析 (宇佐美 陽子)

     
    2006年度
      1. 尿中ALBの免疫反応性についての検討 (櫻井 碧)
      2. 免疫非反応性ALBの生成機序の解明−CathepsinDによる消化ALB免疫反応性の変化の検討−(清水 美亜)    
      



    修士論文

     
     2016年度
      1. Possible connection of lipid profile with oxidation resistance of apolipoprotein E-containing high-density  
             lipoprotein
    (生駒 勇人)

      2. Characterization of Novel Truncated Apolipoprotein A-I in HDL Generated by Sequential Actions of Myeloperoxidase
              and Chymase
    (森田 真麻)
      3. 
    Possible Involvement of Erythrocyte in Reverse Cholesterol Transport(ョ 劭睿)
     
    2015年度
      1. ヒト単球性白血病細胞(THP-1)遊走における血管内皮細胞とリポタンパクの相互作用
     (三上 周子)
     2014年度
      1. The effect of N-homocysteinylation on the functions of apolipoprotein A-I and high-dennsity lipoprotein (寒河江 望)
      2. Synergistic effect of myeloperoxidase on chymase digestion of apolipoprotein A-I in high-density lipoprotein (西坂 薫子
         3. The characteristics of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein (間宮 周平)

     2013年度
      1. Effect of SAA on the tructure, function, and measurement method of HDL
    (佐藤 恵美)
        2. 
    Paraoxonase1 participates in antioidant ability of HDL a a constituent protein but not its enzymatic activity (吉本 明)
     2012年度
      1. Preparation and characterization of N-homocysteinylated apolipoprotein AI (宮崎 あかり)
     2011年度
      1. Estimation of antioxidant ability of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein (榎本 真那実)
      2. 
    HDLの抗酸化能に及ぼすMyeloperoxidaseの影響 (亀田 貴寛)
      3. N-ホモシステイン化の標的となるapolipoprotein AI分子中リジン残基の同定 (山崎 駿介) 
     
     2010
    年度
        1. Quantification of N-homocysteinylated apolipoprotein AI in normal human serum and antioxidant ability of high-density
            lipoprotein treated with homocysteine thiolactone 
    (隅田 環) 
     2009
    年度
      1. Detection of C-terminal truncated Apolipoprotein A-I in serum (宇佐美 陽子)
      2. 
    Apolipoprotein E含有high density lipoproteincharacterizationと定量法構築の試み (野木 世莉那)
     2008年度
       1. 尿中apolipoprotein AIのフラグメント化とその特徴 (伊井野 潤子)

      2. N-ホモシステイン化アポリポ蛋白AIの検出法の確立 (石嶺 南生)

     3. 血清中apolipoprotein AI-AII heterodimer測定とその意義 (嶋田 早紀)




     博士論文


    2016年度
      1. Effects of serum amyloid A on the structure and antioxidant ability of high-density lipoprotein (佐藤 恵美)
       2.  Cholesterol efflux capacity of apolipoprotein A-I varies with the extent of differentiation and foam cell
              formation of THP-1 cells
    (矢野 康次)
         
    3. Paraoxonase 1 associated with high-density lipoprotein transfers to oxidized low-density lipoprotein depending on the degree of 
                   oxidation
    (吉本 明)

    2015年度
      1. Effects of myeloperoxidase-induced oxidation on antiatherogenic functions of high-density lipoprotein 
           
    (亀田 貴寛)
       2.  Dysregulation of the DNA damage response and KMT2A rearrangement in fetal liver hematopoietic cells (南谷 真衣)

    2014年度
      
    1. Platelet-derived sphingosine 1-phophate induces migration of Jurkat T cell
    (伊井野 潤子)
    2013年度
      
    1. Sphingosine 1-phophate releae from platelets during clot formation: cloe correlation between platelet count and
              serum phingoine 1-phophate concentration 
    (小野 佳一)
      2.  The role of alloantibodies againt human platelet antigen-15 in multiply platelet transfused patient 
            (松橋 美佳)

    2012年度
      
    1. Identification of sites in apolipoprotein A-I susceptible to chymase and carboxypeptidase A digestion 
            
    (宇佐美 陽子)