入局希望者の方へ同門会へ業績集へ外来診療のページへ患者さんの紹介システムへトップページへ戻る

 

 

 

森山教授 顎顔面矯正学は、成長発育異常や各種先天異常に起因した歯、咬合、顎骨および顔面の不調和に対して歯科矯正学はもとより、他の関連臨床分野とともに総合的な治療計画に基づいて形態的、機能的な口腔環境の不調和を除去し、限りなく健常な状態に近付けるための臨床歯学の一分野です。顎顔面矯正学における研究は、これらの不調和が起る原因の解明と予防法の確立、患者の診断や治療法の改良、開発を目的としています。近年の顎骨手術や骨延長治療などを併用した顎顔面矯正治療の進歩により、従来は矯正治療の対象となり得なかった上下顎の不調和や各種先天異常に伴う重篤な不正咬合に対して、咬み合せの改善や咬合の再建を図ることが可能となってきました。しかしながら未だ病態が不明で治療法が確立できない疾患も数多く存在し、先天異常や成長発育異常の原因や予防についてはようやく研究の端緒についたばかりです。顎変形症や先天異常の矯正治療への保険治療の導入で、顎顔面矯正治療による咬合の改善を希望される患者は今後一層増加するものと考えられます。私たちはこれらの患者の皆様の期待に答えることを社会的使命と捉え、顎顔面矯正学の一層の発展に寄与すべく研究に邁進する所存です。

 

 

■顎顔面矯正学分野の研究の特色は

顎顔面矯正学分野における研究は、顎顔面矯正治療が対象とする疾患に即したグループ分けが行われており、各グループにおいて、その疾患の原因の解明、検査診断や治療法の改良を目的とした研究が行われています。その内容は、先天性疾患の原因遺伝子の特定や歯槽骨延長治療法の開発、外科矯正治療への高圧酸素治療の適用効果など基礎研究から臨床研究にわたり極めて多彩です。また、生理グループは全ての疾患における顎口腔機能検査を統括するとともに、脳機能画像を用いて顎口腔機能の解析を行っています。

臨床グループ

■顎変形症グループ
■口唇口蓋裂グループ
■先天異常グループ
■生理学グループ

研究グループ

■新規デバイス/イメージング技術開発グループ
■顎口腔機能センシンググループ
■バイオマーカー探索グループ
■臨床評価/医療検証グループ
■臨床インフォマティクスグループ