本文へスキップ

血液内科 Department of Hematology

教育Education

教育方針

○○○○○○○○イメージ

当科は以下を信条として教育に当たっています。
 @優れた技術や知識、判断力に裏付けられる十分な臨床能力を持つ
 A真理を探究し続ける向上心を持つ
 B患者に信頼される
 Cチーム医療の中核として活躍できる
良医を育てる。


研修医・専門医育成(医師 対象)

当科では臨床教育に力を入れております。

  • 初期研修教育

    本学の研修プログラムに基づいた教育を行っています。
    具体的には、入院患者を中心とした診療を通じて日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切かつ全人的に対応できる幅広い基本的な能力(態度・技能・知識)の習得を目標にしています。さらに、週2回の臨床カンファレンスを通じて、最先端の医学知識、そしてエビデンスに基づいた臨床の基本についても学んでいただきます。

  • 後期研修教育

    本学附属病院以外にも当科の関連病院において血液内科医として診療し、それを通じて専門的な診療技術を習得すると同時に、その成果を学会や論文で積極的に発表していただきます。日本血液学会血液専門医など様々な専門医取得に必要な研修を受けることができます。


    関連病院(これらの病院とは人的な交流も行っており、学外トレーニングの一環としてローテートする
         こともある)
    都内
      都立駒込病院  (血液内科部長  大橋一輝先生 他)
      東芝病院    (血液内科部長  鈴木謙先生 他)
      東京逓信病院  (血液内科部長  飯山光子先生 他)
      都立豊島病院  (血液内科部長  谷川宗先生 他)
      武蔵野赤十字病院(血液内科副部長 押川学先生 他)
      花と森の東京病院(副院長     三木徹先生 他)
      東京共済病院  (血液内科部長  加藤淳先生 他)
      中野総合病院  (血液内科部長  秋山秀樹先生 他)
      青梅市立総合病院(血液内科部長  熊谷隆志先生 他)
     神奈川県
      みなと赤十字病院(血液内科部長  山本晃先生 他)
      横須賀共済病院 (血液内科部長  豊田茂雄先生 他)
     埼玉県
      埼玉県立がんセンター(血液内科部長 小林泰文先生 他)

  • カンファレンスの日程と取得可能な資格について
 臨床カンファレンス  全体カンファレンス
(月曜日午後5時から、木曜日午後1時からの週2回)
教授回診は木曜日の全体カンファレンス後に行っています
 症例検討会 隔週木曜日 
 臨床・病理検討会 第4木曜日 
 造血幹細胞移植検討会  第3木曜
 プロトコールカンファレンス 随時 
 当科で取得可能な専門医・学位 医学博士、医学修士
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会血液専門医
がん治療認定医 
関連病院および他施設合同研究カンファレンスを年2-3回開催しております


大学院 修士課程・博士課程(医師・科学者・社会人 対象)

当科では、分子生物学的手法を用いた基礎研究、教育に力を入れております。
「研究」を参照してください。

大学院(修士課程・博士課程)入学への流れ

当教室は、他大学出身の方、他の病院で研修を修了された医師の方、医師以外で研究に興味を持つ方等にも広く門戸を開いております。

博士課程希望の方(医師・科学者)
1) メールで当科での博士課程の専攻を希望する旨を書いて、以下のものをメールに添付して
 ください。
   a)履歴書
   b)推薦状(2通以上)
   c)自己紹介文(400字程度 1 現在までに自分が習得した科学知識・実験技術 
                2 自分の性格・長所・欠点 3 終了後の進路の希望 等)
2) 書類選考(面接・電話インタビューが追加されることがあります)後に当教室にて受け入れ可能
 との判断をされた場合、東京医科歯科大学「大学院医歯学総合研究科博士課程医歯学系専攻」の
 受験手続を進めて下さい。  詳しくは こちら を参照して下さい。
 (応募期間や試験日時は変更されることがあるので繰り返し大学ホーム・ページで
  確認してください)
3)大学院入試判定で合格とされた場合、当科での履修が可能となります。

修士課程希望の方(科学者・理系学生)
1) メールで当科での修士課程の専攻を希望する旨を書いて、以下のものをメールに添付して
 ください。
   a)履歴書
   b)自己紹介文(400字程度 1 現在までに自分が習得した科学知識・実験技術 
                  2 自分の性格・長所・欠点 3 終了後の進路の希望 等)
  (推薦状は不要)
2) 書類選考(面接・電話インタビューが追加されることがあります)後に当教室にて受け入れ可能
 との判断をされた場合、東京医科歯科大学「大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻」の
 受験手続を進めて下さい。  詳しくは こちら を参照して下さい。
 (応募期間や試験日時は変更されることがあるので繰り返し大学ホーム・ページで
  確認してください)
3)大学院入試判定で合格とされた場合、当科での履修が可能となります。

東京医科歯科大学・大学院における検定料・入学金・授業料・奨学金に関しては こちら をご覧ください。


 研究カンファレンス 隔週火曜日 

研究内容に関してはこちらを参照してください。

バナースペース

東京医科歯科大学 血液内科

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45

医局 M&Dタワー14階南
外来 診療棟4階 内科外来内
入院病棟 診療棟15階A

TEL 03-5803-5211
FAX 03-5803-0131