本文へスキップ

血液内科 Department of Hematology

教育Education

教育方針

○○○○○○○○イメージ

当科は以下を信条として教育に当たっています。
 @優れた技術や知識、判断力に裏付けられる十分な臨床能力を持つ
 A真理を探究し続ける向上心を持つ
 B患者に信頼される
 Cチーム医療の中核として活躍できる
良医を育てる。


研修医・専門医 育成教育(医師 対象)

当科では臨床教育に力を入れております。

  • 初期研修教育

    本学の研修プログラムに基づいた教育を行っています。
    具体的には、入院患者を中心とした診療を通じて日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切かつ全人的に対応できる幅広い基本的な能力(態度・技能・知識)の習得を目標にしています。さらに、週2回の臨床カンファレンスを通じて、最先端の医学知識、そしてエビデンスに基づいた臨床の基本についても学んでいただきます。

    当大学では医学生ならびに研修医へはオンライン医学教科書・Uptodate が使えるように登録資格が大学より付与されます。
     スマート・フォン版やタブレット版のアプリをダウンロードすることで自宅で病棟で外来で、自由にUptodate にアクセス出来ます。常に最新の医学情報(診断手順・鑑別診断・治療法等)を無料で勉強できます。Uptodate は英語版なので英語力の向上のための学習も勧められます。

  • 後期研修教育

    本学での研修時には大学よりオンライン医学教科書・Uptodate が使えるように登録資格が付与されます。
     スマート・フォン版やタブレット版のアプリをダウンロードすることで自宅で病棟で外来で、自由にUptodate にアクセス出来ます。血液疾患診療にとどまらず、常に最新の医学情報(診断手順・鑑別診断・治療法等)を無料で勉強できます。Uptodate は英語版なので英語力の向上のための学習も勧められます。

     本学附属病院以外にも当科の関連のある病院において血液内科医として診療し、それを通じて専門的な知識ならびに診療技術を習得します。それと同時に、その成果を学会や論文で積極的に発表し、学会でのプレゼンの技術や論文執筆のスキルを身に着けていただきます。

    日本血液学会血液専門医など様々な専門医取得に必要な研修を受けることができます。


    以下の病院とは人的な交流も行っており、学外トレーニングの一環としてローテートすることもある。
    都内
      都立駒込病院  (副院長      大橋一輝先生 他)
      同愛記念病院  (血液内科部長   鈴木謙先生 他)
      東京逓信病院  (血液内科主任医長 飯山光子先生 他)
      都立豊島病院  (血液内科部長   谷川宗先生 他)
      武蔵野赤十字病院(血液内科部長   押川学先生 他)
      花と森の東京病院(副院長      三木徹先生 他)
      東京共済病院  (血液内科部長   加藤淳先生 他)
      中野総合病院  (血液内科部長   秋山秀樹先生 他)
      青梅市立総合病院(血液内科部長   熊谷隆志先生 他)
     神奈川県
      みなと赤十字病院(血液内科部長   山本晃先生 他)
      横須賀共済病院 (血液内科部長   豊田茂雄先生 他)
     埼玉県
      埼玉県立がんセンター(血液内科部長  小林泰文先生 他)

  • カンファレンスの日程と取得可能な資格について
 臨床カンファレンス  全体カンファレンス
(月曜日午後5時から、木曜日午後1時からの週2回)
教授回診は木曜日の全体カンファレンス後に行っています
 症例検討会 隔週木曜日 
 臨床・病理検討会 第4木曜日 
 造血幹細胞移植検討会  第3木曜
 プロトコールカンファレンス 随時 
 当科で取得可能な専門医・学位 医学博士、医学修士
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会血液専門医
がん治療認定医 
関連病院および他施設合同研究カンファレンスを年2-3回開催しております

学生教育(医学部医学科3・4・5・6年生 対象)

当科では学生教育(講義:3・4年生, 臨床実習:5・6年生)にも力を入れております。

  • 今年度卒業する学生さん(2020年3月卒業)ならびに5年生の学生さんから感謝の言葉が届きました。
    ■ 楽しく熱心に指導してくださった。
    ■ 知らないことを毎日レクチャーしていただき、楽しかった。
    ■ とても教育的。
    ■ 指導方法がよかったです。
    ■ 診察に対して非常に有用な指導を賜った。
    ■ 学生思いだった。
    ■ 話が面白かったです。
    ■ 医療面接の基礎を教えてくださった。
    ■ クルズスが勉強になった。
    ■ 学生思いに尽きる。優しい。
    ■ 非常に多くの時間を学生との対話に割いてくださった。
    ■ キャラが濃い先生が多かった。
    ■ 先生方の教育に対する情熱を感じた。
    ■ 医療面接の基礎を教えてくださった。
    ■ 先生方の教育に対する情熱を感じた。
    ■ 今後目指すべき医師像について考える非常に大切な機会をいただきました。
    ■ 医師としての態度など、心に残るものが多かった。
  • 学生教育の評価(学生からのアンケート結果を集計しました。血液・腫瘍学講義は血液内科・小児科・緩和ケア科・放射線治療科・病理学科の混合授業です)



大学院 修士課程・博士課程(医師・科学者・社会人 対象)

当科では、分子生物学的手法を用いた基礎研究、教育に力を入れております。
「研究」を参照してください。

大学院(修士課程・博士課程)入学への流れ

当教室は、他大学出身の方、他の病院で研修を修了された医師の方、医師以外で研究に興味を持つ方等にも広く門戸を開いております。

博士課程希望の方(医師・科学者)
1) メールで当科での博士課程の専攻を希望する旨を書いて、以下のものをメールに添付して
 ください。
   a)履歴書
   b)推薦状(2通以上)
   c)自己紹介文(400字程度 1 現在までに自分が習得した科学知識・実験技術 
                2 自分の性格・長所・欠点 3 終了後の進路の希望 等)
2) 書類選考(面接・電話インタビューが追加されることがあります)後に当教室にて受け入れ可能
 との判断をされた場合、東京医科歯科大学「大学院医歯学総合研究科博士課程医歯学系専攻」の
 受験手続を進めて下さい。  詳しくは こちら を参照して下さい。
 (応募期間や試験日時は変更されることがあるので繰り返し大学ホーム・ページで
  確認してください)
3)大学院入試判定で合格とされた場合、当科での履修が可能となります。

修士課程希望の方(科学者・理系学生)
1) メールで当科での修士課程の専攻を希望する旨を書いて、以下のものをメールに添付して
 ください。
   a)履歴書
   b)自己紹介文(400字程度 1 現在までに自分が習得した科学知識・実験技術 
                  2 自分の性格・長所・欠点 3 終了後の進路の希望 等)
  (推薦状は不要)
2) 書類選考(面接・電話インタビューが追加されることがあります)後に当教室にて受け入れ可能
 との判断をされた場合、東京医科歯科大学「大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻」の
 受験手続を進めて下さい。  詳しくは こちら を参照して下さい。
 (応募期間や試験日時は変更されることがあるので繰り返し大学ホーム・ページで
  確認してください)
3)大学院入試判定で合格とされた場合、当科での履修が可能となります。

東京医科歯科大学・大学院における検定料・入学金・授業料・奨学金に関しては こちら をご覧ください。


 研究カンファレンス 隔週火曜日 

研究内容に関してはこちらを参照してください。

医学博士 取得状況

(2017年以降に医学博士を取得された先生方)
佐々木 宏治 先生
Relative survival in patients with chronic-phase chronic myeloid leukaemia in the tyrosine-kinase inhibitor era: analysis of patient data from six prospective clinical trials (チロシンキナーゼ阻害薬時代において慢性骨髄性白血病慢性期の相対生 存率:六つの前向き臨床試験における患者データの解析) 発表雑誌名〜The Lancet Haematology〜2017

藤田 修平 先生
Dual inhibition of EZH1/2 breaks the quiescence of leukemia stem cells in acute myeloid leukemia (EZH1/2の二重阻害により急性骨髄性白血病の白血病幹細胞の休眠状態を 打破できる)発表雑誌名〜Leukemia〜2017

岡田 啓吾 先生
FLT3-ITD induces expression of Pim kinases through STAT5 to confer resistance to the PI3K/Akt pathway inhibitors on leukemic cells by enhancing the mTORC1/Mcl-1 pathway (FLT3-ITDはSTAT5を介してPimキナーゼを発現し、mTORC1/4EBP1経路を 活性化することで白血病細胞にPI3K/Akt阻害薬に対する抵抗性を付与する) 発表雑誌名〜Oncotarget〜2017

秋山 弘樹 先生
High-dose methotrexate following intravitreal methotrexate administration in preventing central nervous system involvement of primary intraocular lymphoma(原発性眼内リンパ腫に対するメトトレキサート硝子体注入に続く大量メトトレキ サート全身投与による中枢神経進展予防) 発表雑誌名〜Cancer Science〜2017

梅澤 佳央 先生
Molecular mechanisms for enhancement of stromal cell-derived factor 1-induced chemotaxis by platelet endothelial cell adhesion molecule 1 (PECAM-1) (PECAM−1 による SDF−1 誘導性遊走亢進の分子機構) 発表雑誌名〜The Journal of biological chemistry〜2018

石田 信也 先生
Mechanisms for mTORC1 activation and synergistic induction of apoptosis by ruxolitinib and BH3 mimetics or autophagy inhibitors in JAK2-V617F-expressing leukemic cells including newly established PVTL-2 (新規樹立 PVTL-2 を含む JAK2-V617F 変異陽性白血病細胞株での mTORC1 活性化機構と BH3 mimetics またはオートファジー阻害薬と ruxolitinib による 相乗的アポトーシス誘導機構) 発表雑誌名〜Oncotarget〜2018

内田 慧美 先生
TOPK is regulated by PP2A and BCR/ABL in leukemia and enhances cell proliferation (TOPK は白血病細胞において PP2A と BCR/ABL による調節を受け、細胞増殖を 促進する) 発表雑誌名〜International Journal of Oncology〜2018

渡邊 大介 先生
FLT3-ITD Activates RSK1 to Enhance Proliferation and Survival of AML Cells by Activating mTORC1 and eIF4B Cooperatively with PIM or PI3K by Inhibiting Bad and BIM.
FLT3-ITD は RSK1 を活性化し、PIM や PI3K との協調的な mTORC1 と eIF4Bの活性化や Bad と BIM の阻害により、AML 細胞の増殖と生存を促進する. 発表雑誌名~Cancers~ 2019

血液専門医(日本血液学会認定)取得状況

東京医科歯科大学は日本血液学会認定血液研修施設です。

2019年 血液専門医
堤 大樹
長田 有生
西島 暁彦
新井 康祐

2018年 血液専門医
野口 侑真
園川 佐絵子

2017年 血液専門医
迎 純一
山口 知子
齊藤 達也
田中 圭祐
鈴木 さやか
吉藤 康太

血液専門医
(2016年以前に取得。スタッフおよび大学院生)
東田 修二
川又 紀彦
新井 文子
坂下 千瑞子
山本 正英
長尾 俊景
梅澤 佳央
野上 彩子
岡田 啓五
秋山 めぐみ
安田 峻一郎
佐々木 宏治(海外)
秋山 弘樹(海外)

バナースペース

東京医科歯科大学 血液内科

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45

医局 M&Dタワー14階南
外来 診療棟4階 内科外来内
入院病棟 診療棟15階A

TEL 03-5803-5211
FAX 03-5803-0131