グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 企業・研究機関の方へ  > 兼業申請  > オ 国の審議会等の委員等の兼業

オ 国の審議会等の委員等の兼業

 法令等で特定の重要事項を調査審議等するために、国に設置されている審議会、委員会等の委員等の職を兼ねる場合が該当します。(地方公共団体等の場合は、カの兼業に該当します)
 許可基準を満たす場合、審査等を経ずに従事することができますが、事前又は事後速やかに届出書を学長へ提出する必要があります
 本兼業は、出張等の手続きを行うことにより、例外的に所定労働時間内に従事することができます

☆許可基準

・分野等の運営や職員としての職責遂行に支障を生じないこと
・職務の公平性及び信頼性の確保に支障を生じないこと
・分野等の長の承認を得ていること
・常勤の職につかないこと

★届出にあたっての必要書類

【各機関様】
依頼状兼届出書(wordファイル)
  ※紙媒体でご提出の場合は、公印もしくは代表者印(シャチハタ不可)を押印願います。

【本学職員】
不在時の職務補充届(wordファイル)
  ※見本はこちら
  ※医学部附属病院で診療に従事している教員に限る
  ※週休日に従事する場合は不要

(本学職員への留意点)
・依頼先からメールで依頼状(公印不要)を受け取った場合には、メールの本文を添えてご提出下さい。
・依頼先が記入した内容に問題がなければ、「上記、兼業を届出ます。」と「新規」又は「継続」の該当するほうをチェックし、署名の上、依頼状兼届出書を1部提出してください。分野等の長以外の教職員は、提出する前に分野等の長の承認を得て、承認印を押してもらってください。






連絡先・提出先
 【 担   当 】 総務部人事課人事総務掛(1号館西 1階 1番窓口)
 【 住   所 】 〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
 【TEL/FAX(学外)】 03-5803-5020 /03-5803-0101 
 【TEL/FAX(学内)】 (内線) 5020・7006/3-0101
 【  e-mail  】 kengyou.adm(ここに@を入れてください)cmn.tmd.ac.jp