グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




共同災害看護学専攻(平成26年度より)

大学院保健衛生学研究科「共同災害看護学専攻」について、ご案内いたします。


公式ホームページ

5大学共通の災害看護グローバルリーダー養成プログラムホームページはこちらです。

共同災害看護学専攻ホームページ

東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科共同災害看護学専攻ホームページはこちらです。

災害看護グローバルリーダー養成プログラム(DNGL)について

 災害看護グローバルリーダー養成プログラムは、文部科学省・日本学術振興会による「博士課程教育リーディングプログラム」に平成24年度に採択された事業であり、高知県立大学を代表校とし、兵庫県立大学・千葉大学・日本赤十字看護大学、そして本学の5つの大学院が蓄積してきた資源を共有し、それぞれの研究科のもとに共同教育課程を設置することとしています。
 そして、平成26年度より、国内初の国公私立5大学による共同大学院一貫制博士課程共同災害看護学専攻を設置する運びとなりました。

5大学共同大学院共同災害看護学専攻

指導教員教育研究内容メールアドレス
教授
佐々木 吉子
1.都市型大規模災害発生に備えた災害急性期の地域医療提供システムの向上と看護グローバルリーダーの役割構築に向けた研究
2.医療職のための災害支援シミュレーション学習システムの考案
3.一般看護職のためのNBC 災害急性期から中長期における実践的看護支援ドリルの開発
y-sasaki.dn(at)tmd.ac.jp

募集要項はこちらからダウンロードできます。

教育構想について

災害看護の高度な実践力の育成

 5年間を通して実践的な演習を行い、特に1~2年次を中心に実施します。
 例えば、長期避難を余儀なくされている人々の健康調査と健康支援の企画・実施、結果の集計・分析、災害拠点病院や自治体との共同研究などに参画します。
 また、他機関協働(行政、病院、学校、企業、住民組織)による地域防災プログラムなどを通して、他職種連携やチームリーダーとしての能力も習得します。
 臨地実習指導者、メンター、プリセプターなどの協力体制を整えて指導にあたります。

教育能力の育成

 1~3年次を中心として、単なるTA(ティーチングアシスタント)としてではなく、学生のそれまでの経験等に基づき、個々の学生が継続して教育能力を修得するための企画・実践できるよう指導します。

教育・研究開発協議会・研究インターン制度による研究能力の育成

 異業種・異分野(学問)交流:グローバルリーダーの資質を養うために、「センター※」が主体となって、学生の積極的な国内外の異業種交流や異分野交流の機会を数多く設定し、学際的視点を育みます。

※高知県立大学の「災害看護グローバルリーダー養成プログラム管理センター」のこと

インターンシップの実践性を備えた企画力や開発力の育成

 3~5年次を中心として、企業や行政との共同研究体制及び研究インターンシップ制度、RA(リサーチアシスタント)制度を取り入れながら、実践的研究能力を養います。
 産官学・研究所等からの特任教員、非常勤講師による指導やメンター等の環境整備を行います。
 これまで看護職の教育内容としては全くなかった、社会へのアピール方法とアピールの実践、マスコミ対応術や記者会見等のスキルを学びます。
 また、「災害看護グローバルコーディネーション論」「災害看護リーダーシップ論」では、アサーティブトレーニングなどの講座、研修、実地訓練の機会を設けます。

学生支援制度

 本プログラムでは、学生が学業及び研究に専念できるよう、一定の選考基準を満たした者に対して奨励金を支給します。

平成29年度奨励金受給者一覧(PDF)