グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 難治がんエピゲノムプロジェクト

難治がんエピゲノムプロジェクト

難治がんのエニグマ(謎)を解明する

本プロジェクトでは、近年新たに見いだされたエピゲノム修飾であるDNAのヒドロキシメチル化をはじめとしたメチルシトシンの酸化的修飾塩基を1塩基レベルで解析する新しい解析法であるEnIGMA (Enzyme assisted Identification of Genome Modification Analysis) 法の確立を目指しています。また、この新しい解析法を用いて難治がんの原因を明らかにすることを目的にしています。
これまで、がん抑制遺伝子のメチル化による発現抑制はよく知られてきましたが、新しい修飾塩基の発見はこれまでのエピゲノム研究を根底から見直す必要がある可能性を秘めています。さらにこの新技術を難治がんの解析に留まらず、広くエピゲノム研究の基盤となる技術として発展するよう研究を推進します。


プロジェクトメンバー

幸田 尚(エピジェネティクス分野・准教授)
川﨑佑季(難病基盤・応用研究プロジェクト室・助教)
井上 純(分子細胞遺伝学分野・講師)

研究成果