グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




准教授 黒柳秀人

2017年4月1日現在


現職

国立大学法人 東京医科歯科大学 准教授
 難治疾患研究所

Visiting Associate Professor
 Department of Microbiology, Immunology and Molecular Genetics (MIMG)
 University of California, Los Angeles (UCLA)
 kuroyanagi@ucla.edu

略歴

1994年3月 東京大学 理学部 生物化学科 卒業

1997年4月〜1999年3月 日本学術振興会特別研究員

1999年3月 東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻 博士課程修了

同 博士(理学)の学位を取得

1999年4月〜2000年3月 山之内製薬株式会社 創薬研究本部 分子医学研究所

2000年4月〜2003年8月 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 助手

2003年9月〜2008年3月 東京医科歯科大学 大学院疾患生命科学研究部 講師

2008年4月〜2012年3月 東京医科歯科大学 大学院疾患生命科学研究部 准教授

2008年10月〜2012年3月 科学技術振興機構・さきがけ「RNAと生体機能」研究者(兼任)

2012年4月〜 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 准教授(大学院改組に伴う)

2017年3月〜 Visiting Associate Professor, University of California, Los Angeles (UCLA)

受賞

2009年4月 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞
        業績名「生体内可視化技術の開発によるスプライシング暗号の研究」

2014年10月 東京医科歯科大学優秀研究賞

業績

東京医科歯科大学研究情報データベース