グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯学教育開発学分野

歯学教育開発学分野

歯学教育開発学分野設置の歴史

本学の前身は1928年に設立された東京高等歯科医学校で、1951年(昭和26年)に新制大学として東京医科歯科大学が創設されました。新制大学となってからの6年制医学・歯学教育プログラムは約50年を経た現在でもその基本構造はあまり変わっておらず、徐々に新たな科目が加わることによって各科目の時間数が変化しながら、今日の過密カリキュラムに至っています。

医学・歯学教育カリキュラムがこれまで大きく変化しなかった理由には、大学外と大学内の理由が考えられますが、外的な理由の主なものとして大学設置基準の存在があげられます。大学設置基準というのは新たに大学を設立する場合に、満たさなければならない基準です。大きく施設面での基準と教育内容に関する基準からなっています。医科大学(医学部)・歯科大学(歯学部)における教育内容は、この設置基準によってかなりの部分が決まってしまっていたという事情がありました。すなわち教養科目として外国語を何時間教えなければいけないとか、専門科目としてはどのような科目を何時間教えなければいけないというようなことが細かく決められていました。大学内の理由としては、設置基準によってかなりの制約があることを理由に、カリキュラムを積極的に見直す努力をあまりしてこなかったことが否めません。

ところが約20年前から変化が始まりました。1991年2月に大学審議会から出された大学教育改革に関する答申は、今後は個々の大学がその教育内容をかなり自由に決めることにより、それぞれの個性を打ち出す努力をするべきであるという趣旨のものでした。いわゆる大学設置基準の大綱化を機に、医学・歯学教育においても6年一貫教育などカリキュラム改革への機運が高まりました。しかしながら、医科大学・歯科大学には、社会の要請に応えられる医療人を教育するという社会的使命がありますから、これをきちんと遂行した上で、個性を打ち出すことが要求されます。こうした背景で「医学教育」そのものを研究対象とした部門がいくつかの医科大学に設けられ、本学においても平成12年4月から大学院医歯学総合研究科の中に当分野が設けられました。


(2011年4月1日現在)


1.国内外の医学・歯学教育プログラムに関する調査研究
2.医歯学系学生に対する研究プログラムに関する調査研究
3.医歯学系学生に対する英語教育プログラムの開発
4.医歯学系学生に対するマルティメディア教材の開発
5.外国人留学生に対する日本語学習教材の開発