グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > インキュベーションラボ部門  > 概要  > 医療機器の実用化研究

医療機器の実用化研究

本学内外で開発された物質,材料,デバイスについて臨床応用を目指し実用化するための研究を行います.


この施設では学内・学外で開発された物質,材料,デバイスについて,臨床応用を目指しての実用化研究支援や非臨床試験支援を行います.更には歯学部付属病院の歯科器材・薬品開発センターと連携して,治験や承認申請に至るまでを総合的にサポートします.

特にクラスIIIの新規製品のようなリスクの高い機器の実用化に力点を置いていますが,例えば新規品目で評価方法の定まっていない場合における第三者的な立場からの試験法方法の提案,あるいは動物実験や培養実験など企業で実施することが難しい試験の実施なども行います.更には規格に準じた評価試験なども,有料ではありますがお引き受けすることが可能です.