グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > インキュベーションラボ部門

インキュベーションラボ部門

本施設は,生体材料工学研究所の改組にともない2012年4月1日に開設されました.研究所・学内他部局および他大学・企業などの技術シーズおよび学内外の臨床ニーズを把握して両者のマッチングを図るとともに,これらの研究成果に基づく医療機器などものづくりの支援,更に応用研究・実用化研究などへの展開の支援を行ないます.また各種規制に準じた安全性・有効性の評価,更に非臨床試験および承認申請を支援します.


本施設では本学内外での技術シーズと臨床ニーズを蓄積して両者のマッチングを図り実用化への支援を行います.このページでは皆様の情報の登録と公開されている情報の閲覧ができます.


歯科用接着材,ハイドロキシアパタイト,チタン合金,MPCポリマーについて,研究,臨床,製品開発に携わった方たちの御寄稿をご紹介します。


医療機器の実用化において重要となる,リスクとベネフィットあるいは安全性と有効性の科学的な評価についての議論です.


施設のスタッフをご紹介します.


関連するサイトへのリンクがあります.


大学院としては,医歯学総合研究科 博士課程 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 バイオデザイン分野または医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工学専攻 バイオデザイン分野という名前になります.


HPメインテナンスのための作業領域です.