グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯学部附属病院薬剤部  > 調剤レコーダー、ポイントチェッカーの導入

調剤レコーダー、ポイントチェッカーの導入

調剤レコーダー

当薬剤部では、調剤レコーダー®を導入しています。
調剤レコーダー®(調レコ)とは、複数台のカメラによる画像記録システムです。患者さまのお薬の調剤過程を記録し、過去の調剤を検索・閲覧することが可能です。日々正確な調剤を心掛けておりますが、調剤時に誤った薬を入れてしまう、錠数を取り違えてしまうといった薬剤エラーを完全に無くすことは困難です。こういったトラブルの際に、迅速かつ正確に状況を把握することを目的としています。
 実際に導入してみましたところ、さほど業務の邪魔にならず、手元のみ写るためプライバシーは守れるなどの利点がありました。画像も良く文字がはっきり見えるので、詳細な記録が可能です。

ポイントチェッカー(抗がん剤調製)

安全キャビネットで抗がん剤を調製する際、遠隔で鑑査ができるシステムです。

1枚/秒の連続した画像を記録します。
画像は拡大が可能で、シリンジの目盛りもしっかり確認できます。
調製作業者そばに行かずに鑑査をおこなうことで、抗がん剤による被ばくの防止につながります。