グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯学部附属病院薬剤部

歯学部附属病院薬剤部

薬剤部では外来や入院の調剤をはじめ、薬に関する様々な業務を行っています。
入院患者さんへの薬剤管理指導ではベッドサイドでの服薬説明や薬に関する相談、副作用などのチェック、さらに、抗がん剤注射薬のミキシング、持参薬調査、特に歯学部附属病院の薬剤部として患者さんが普段お飲みになっている薬との飲み合わせ(併用)のチェックには薬学的観点から細心の注意を払っています。院内製剤も歯科特有の口腔用軟膏を中心に調製し、口内炎などの有効な治療薬として患者さんに処方されています。
また、医薬品情報の収集・管理・提供を行い、医療安全対策や感染対策にも参画し、病棟では栄養カンファレンスなどにも参加しています。


このページの目次


薬剤部 理念・目標

優れた薬剤師の育成に努め、患者さま一人ひとりに合った最高水準の医療を薬の面から提供します。
医療現場の流れを汲み、処方箋の院外化を進め、病院内での薬剤師の職能を生かせる仕事を充実させます。
また、病院全体での取り組みでもある5S活動を積極的に行い、職場環境を良くし、業務効率を上げることを目標とします。