グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




教育方針

教育方針

小児歯科学とは心身ともに発達の過程にある小児を対象とし、口腔領域の健康の維持・増進および、顎口腔の機能と形態の健全な育成、それらを阻害する異常や疾患の治療法や予防法などを研究、実践し、ひいては小児の精神的、肉体的発育と保健に寄与する臨床歯学である。したがって、教育方針としては心身共に発達の過程にある生体に対する歯科医療のありかたを理解させると同時に、それが成人の顎口腔に健全な形態と機能を得させる基盤になる理由を理解させることに主眼をおいている。
 そのため先ず、小児は成人と異なる精神的、肉体的、生理的特徴を持つ生体であることを理解させたうえで、総合咀嚼器官およびその構成素材の形態的、機能的特徴と発育について基礎的知識を習得させる。
そして、乳児期から成人にいたるまでの口腔領域の健康の維持・増進に必要な、全身の保健を考慮に入れた継続的な健康管理法、健全な顎口腔の機能と形態の育成法、それを阻害する疾患や異常に対する予防法や治療法などについて、その理論と方法を修得させる。また、小児患者の Behavioral Management については診療上の意義と重要性を理解させ、その方法を精神発達との関連において教育するとともに、保護者の理解と協力の必要性、重要性を認識させる。