グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 小児歯科学分野  > 小児歯科外来  > 小児科と小児歯科の保健検討委員会

小児科と小児歯科の保健検討委員会

Ⅰ舌小帯短縮症の考え方

[委員会報告] 平成25 年9 月1 日
小児科と小児歯科の保健検討委員会
 わが国では戦後しばらくの間、新生児および乳児の舌小帯短縮症は治療の対象とされてきたが、近代医学の発展と共にその根拠が薄れ、舌小帯の手術は行われなくなった。ところが、1980 年代以後、母乳育児が復活するようになると、一部の医師から舌小帯短縮症と哺乳障害の関連を指摘して早期の手術を推奨する意見が出され、子育てや医療の現場で様々な波紋が広がった。
 一方、歯科では幼児の咀嚼障害や構音障害と舌小帯短縮症の関連を指摘する意見がある。そして、舌小帯短縮症を治療の対象として、幼児期前期の小児にも早期の手術を推奨する歯科医師がおり、子育てや医療の現場では混乱が生じている。そこで、舌小帯短縮症に関する多職種による最近の考え方をまとめた。
I. 舌小帯短縮症とは
舌小帯は舌と口腔底をつないでいる薄い膜で、図1の写真(6歳男児)に示されているような形をしている。舌小帯の前縁の口腔底近くに左右1対の舌下小丘があり、ここから顎下腺と舌下腺の唾液が分泌される。

 舌小帯は新生児のときは成人よりも厚く短くて、舌の先端近くまで付いているが、子どもの成長と共に舌が大きくなることで次第に長く扁平に引き延ばされ、付着場所も舌の先端から中程に後退していく。このような子どもの成長による変化が起きないで小帯が短く厚いままでいると、付着位置も後退しないで図2-a の様に舌小帯短縮症になる。
舌小帯短縮症では舌の運動が障害され、舌の先端を前方あるいは上方に移動させることが障害される。このような運動をしようとすると、図2-b の写真に示されているように舌の先端にハート型のくびれが生じる。しかし、このような舌の運動障害があっても、軽度の場合は口の機能に影響しない、あるいは舌の先端以外の運動を適応させるなどして機能を補うことが少なくない。したがって、舌小
帯短縮症が必ずしも口の機能障害に結びつくとは言えない。
なお、今回の検討では舌小帯がほとんど無く、舌が口腔底に癒着している舌強直症は対象から除外した。