グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 小児歯科学分野  > 小児歯科外来  > 診療案内  > 外来小手術

外来小手術

小児歯科外来では、局所麻酔下による次のような日帰り小手術を行っています。
・ 埋伏過剰歯の抜去(顎骨のなかの余分な歯の抜歯)
・ 萌出困難歯の開窓(自然に生えてこない歯への手術)
・ 舌小帯、上唇小帯の切除(舌の下、上唇にあるヒダの手術)  など
それぞれの患者さんにとってこれらの処置が必要であるか、必要である場合はどの時期に行うのが適切か、充分に検討した上で処置を計画します。
小手術日について
・ 休前日を除く、月曜日~木曜日の午前に行います。
・ 春・夏・冬休みなど、患者さんが集中し外来が混雑する時期は行っていません。
他科との連携について
・ 全身麻酔が必要な場合などでは、歯科麻酔外来で処置を行う場合もあります。
・ 疾患や処置の内容によっては、口腔外科外来を紹介させて頂く場合があります。