グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯学部附属病院看護部  > 職場紹介  > 外来  > 口腔外科外来

口腔外科外来

~入院生活と療養生活の架け橋~

 
 口腔外科外来は、口腔領域において外科処置が
必要となる患者さんが主に来院し、手術適応となり
入院する患者さんも多く見られます。
 患者さんの入院や手術に対する不安などを軽減
するために一人ひとりの状況に応じた説明・指導
を行っています。また、退院・療養支援について
も力を入れて行っており、少しでも安心して療
養生活が送れるよう看護スタッフは日々努力して
います。


哺乳指導パンフレット

口腔外科外来では、入院前より退院支援として、患者さんのスクリーニングを行い、支援が必要な患者さんに対して積極的に関わり退院がスムーズに行えるよう援助しています。退院した患者に対しても外来診療時にフォローしています。

また、口唇口蓋裂の患児も多く来院しています。初めて来院された患児の家族に対し、哺乳指導を行い、来院ごとに患児の状況を把握し、必要時個人別に指導を実施しています。