• 東京医科歯科大学歯学部附属病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京医科歯科大学

ごあいさつ

センター長のごあいさつ

水口 俊介教授

歯を抜けたままにしておくと歯が動きかみ合わせがずれていきます。その時には抜けた歯のところだけ治療すればよいわけではありません。口の中全体をみて、歯の位置やかみ合わせの修正をしなければなりません。それは専門医がチームで行うべき治療であり、この先端歯科診療センターが最も得意とする治療です。また歯肉の形を整え顔貌にマッチした美しい歯やインプラントを入れることもそれぞれの専門のドクターによる協力が必要となります。私は義歯やさし歯、かみ合わせに関する専門医ですのでこのような治療では最初の診断の部分と最後の仕上げの部分の役割を担います。大学では総入れ歯の研究と教育を担当しているので、総入れ歯に関しては主として私が担当させていただきます。合ってない義歯を無理に使っていると顎の骨が吸収してしまうなどの害が生じます。「まあこんなもんか」と思っていた義歯を作り直すと「こんなに入れ歯って噛めるのか」と思うようにもなります。健全な咀嚼は健康長寿の源です。口の中をパーフェクトにしましょう。

副センター長のごあいさつ

和泉 雄一教授

日本人の歯の寿命をご存じですか?歯の平均寿命は奥歯で50~60年といわれています。平均寿命が延びている現在、多くの方が歯を失った後、数10年間も自分の歯を使えない状況にあることになります。本来、歯そのものに寿命はありません。加齢に伴い歯の咬耗・摩耗はありますが、歯が自然に抜けることはなく身体の寿命以上もつと考えられています。歯を失う原因の第1位は歯周病です。続いてむし歯になります。日本人の40歳以上の歯周病罹患率は80%以上といわれていますが、実際に歯科医院で治療を受けている方は10人に3人の割合です。歯周病は歯を失う最大の原因であると同時に全身の健康にも大きなリスク因子となっています。私は歯周治療を専門にしています。歯周病は、歯周組織再生治療やレーザー治療など最新の治療を駆使してしっかり治療すれば必ず治る病気です。 適切な治療を行えば、歯の健康は必ず保てます。技術と知識を持った信頼できるプロフェッショナル集団である先端歯科治療センターで、プロと一緒に二人三脚で歯のケアに努めることが大切な歯を守る秘訣です。

Copyright © Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。