お知らせ

最新デジタル機器を活用した義歯や人工の歯の製作施設「Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)」

2018.05.28

 

平成30年5月22日、当院3階の歯科技工部に設置された「Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)」の内覧会が行われ、吉澤靖之学長、田中雄二郎医療担当理事が稼働状況を見学。若林則幸病院長、鈴木哲也歯科技工部長、松原恒歯科技工部技師長が説明する施設のシステムについて熱心に傾聴されていました。
「Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)」は、最新デジタル機器を活用したインプラント義歯やクラウン(冠状の人工歯)の製作施設として、平成30年5月に東京医科歯科大学歯学部附属病院内に設置された国内屈指の デジタルデンティストリー施設です。現在はテスト稼働を終え、診療への活用を開始いたしました。

【Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)について】
Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)は、デジタルデンティストリー(デジタルテクノロジーを応用した歯科医療)に必要な最新デジタル機器を一同に集めた場所です。これらのデジタル機器を活用することで、セラミックのクラウンやインプラント義歯の他,様々な歯科治療が迅速に,高品質で行うことができ、従来法ではかなわなかった安定した供給など生産性の向上や安全な構造設計の評価が可能になります。

【Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)のメリット】
このような充実した製作施設を、大学病院内に独自に有することは、今まで以上に診療室からの様々な要望に迅速かつ細やかに対応でき、患者さん一人ひとりにあった最高水準の歯科医療の提供へと繋がるものと期待されます。

【Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)の名称について】
Real Mode Studio(リアルモードスタジオ)の名称には、単にデジタル機器を扱う場所ということではなく、採得、管理されたデジタルデータが、全国歯科大学病院一の匠の集団である歯科技工部スタッフの手により、機能美、形態美を有するリアルな口腔内装置へと変換・造形される工房であるとの意図がこめられています。

 

 

 

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京医科歯科大学歯学部附属病院  〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45
TEL.03-5803-5427電話受付時間 8:30~17:15(平日のみ)

Copyright © 2017 Tokyo Medical And Dental University. all rights reserved.
このホームページはInternet Explorer11以上で最適化されています。