インタビューページはこちら

野澤孝志

photo

僕の専門は細菌感染症の基礎研究で、その中でも今話題もオートファジーについて研究しています。

オートファジー(Autophagy):「自食作用」と呼ばれる細胞が持つ働き。細胞が自分自身の細胞内にあるタンパク質などを分解するしくみ。オートファジーによって細胞内に発生した異常なタンパク質が増えないようにしたり、栄養状態が悪くなったときにタンパク質のリサイクルを行ったりして、細胞を正常に保っています。オートファジーがうまく働かないことが「アルツハイマー病」や「がん」の発症に関係していることもわかっています。また最近の研究では、オートファジーが細胞の中に侵入した細菌を排除することで、細菌の増殖を防いでいることが明らかになっています。

 細菌に感染すると細胞外にある食細胞(マクロファージ・好中球)などの免疫システムが細菌を排除しようとします。そのため細菌は、細胞の中に侵入して増殖します。このとき細胞内のオートファジーという作用が働いて、細胞に侵入した細菌を分解し、細菌感染を防いでくれることを、現在僕のメンター教員として指導してくださっている東京医科歯科大学中川一路先生がA群レンサ球菌を使った研究で解明されました。
僕の研究テーマは、細胞の中に侵入した細菌を狙ってオートファジーがどのように働いているのかについてより詳しく探究することです。

photo

オートファジーが細胞内に侵入した病原性細菌をどのように分解し、排除するかのシステムについて研究を進めることで、さまざまな感染症の予防や治療に役立てたいと考えています。

以前までは細胞の中に免疫システムは存在しないと言われてきましたが、中川教授の研究によって、オートファジーが細胞内の免疫システムを構築する上で、大きく貢献していることが明らかになりました。さらにオートファジーで分解した細菌を認識し、シグナルを細胞の外に発することで、細胞外の免疫システムを活性化するのではないかということについて、僕自身も詳しく研究したいと考えています。
生物が進化の過程で、何度も細菌に感染しながら、自らが生き残るために、さまざまな細菌の攻撃から身を守れるように、細胞を適応させていったようすが研究を通じてよくわかり、とても興味深いです。

photo

現在のメンターである中川一路先生や他の先輩研究者からの勧めもありましたが、世界をリードするオートファジー研究の成果を挙げている東京医科歯科大学で自分の好きな研究ができるというのが最大の魅力でした。

自分の興味がある分野の研究に専念できることと、スタートアップ制度で資金援助が得られること。さらにメンター制度によって、身近に相談できる指導教官がいてくれることも大きな魅力です。

研究者プロフィール

photo

野澤孝志 Takashi Nozawa

細菌感染制御学分野/テニュアトラック助教/博士(生命科学)

2005年 新潟大学農学部応用生物科学科卒業
2007年 新潟大学大学院自然科学研究科修士課程修了
2010年 東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了
2011年 大阪大学微生物病研究所特任研究員
2012年3月 東京医科歯科大学細菌感染制御学分野テニュアトラック教員(助教)

前のページヘ 主メンターのインタビュー