東京医科歯科大学のテニュアトラック

組織図

実施体制

実施体制図

取組体制

機関の取組体制

photo 研究推進協議会(議長:研究担当理事、テニュアトラック事業の責任者)が統括し、テニュアトラック運営委員会が事業計画・教員採用・審査など重要事項を決定する。学外アドバイザリーパネルを含めた教員審査委員会が教員審査、事業評価などを行う。評価諮問委員会が事業実施計画や実施状況などを評価する。

機関の若手人材育成策の理念・方針

教育研究の活性化においては多様な人材交流を推し進めることが重要であるとの観点から、この事業では、優秀な若手研究者を国際公募で獲得し、彼らに対し、自立的研究環境を整備する等の支援を行い、独自の研究を主宰して研究活動を推進することで育成する方針である。

全学にテニュアトラック制度を推進するための具体的方策

テニュアトラック制度に限らず若手への研究環境の整備・提供による継続的育成サイクル確立の一環として本学に設置した医歯学研究支援センターの活用や、研究推進協議会・テニュアトラック運営委員会による予算配分、今回取組部局以外での自主的テニュアトラック制度により全学的な推進が成される。

規則化

テニュアトラック制度の普及・定着のための規則を新たに作成し、役員会で承認され、施行されている。