ごあいさつ

Home > DDユニットについて > ごあいさつ

平成27年度 科学技術人材育成費補助事業
「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」の実施にあたって

東京医科歯科大学 学長 吉澤 靖之

東京医科歯科大学
学長 吉澤 靖之

この度、平成27年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業(連携型)」に採択されました。本事業は、順天堂大学、株式会社ニッピ バイオマトリックス研究所および本学が連携して女性研究者支援を行う計画であります。

本学の女性研究者支援体制は2008年の男女協働・キャリア支援部(前身は女性研究者支援室)の設立以来、本年で8年目を迎え、これまで意識改革に着目した取組と同時に、環境整備を推進してきました。今回始まる連携事業では、ダイバーシティ・ダイヤモンドユニット事業推進室を設置し、研究力強化の支援や産学連携の支援などの新しい取組を計画しております。本事業の実施により、女性研究者間で新たな繋がりが生まれ、また背景が様々な研究者に対応した研究環境が整備されることにより、女性研究者全体の裾野が広がり、さらには上位職の増加につながると考えております。

本事業については、3つの連携機関が一丸となって遂行に尽力する必要があります。関連諸機関の方々には、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますと同時に事業遂行にご協力下さいますようお願い申し上げます。

順天堂大学 学長 新井 一

順天堂大学
学長 新井 一

男女共同参画推進室では、平成23年度文部科学省「女性研究者研究活動支援事業」の採択を端緒に、女性研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の改善やそれに向けた学内の意識改革など、仕事と家庭を両立することができる環境実現のため、様々な取組を実施してきました。

東京医科歯科大学、株式会社ニッピバイオマトリックス研究所と連携した本事業では、これまで本学が取り組んできた研究支援員配備事業を発展させると共に、今回計画された5つのプロジェクトに取り組むことにより更なる質的拡充を目指して参ります。また、連携事業の特色である共同研究や産学連携研究においては、連携機関との交流を通じて多様な視点や発想を取り入れることで研究力向上に繋がることが大いに期待されます。今後も女性研究者の活躍推進と研究環境のダイバーシティ実現に寄与して参ります。

ニッピ バイオマトリックス研究所 所長 服部俊治

ニッピ バイオマトリックス研究所
所長 服部 俊治

この度は DDユニットに参加させていただいて大変刺激的な毎日を過ごさせていただいております。会社ではダイバーシティーという言葉にはこれまで馴染みがなかったのですが、企業体内の研究所活動として限られた人員で、少ない研究者の中で最大限の成果を出すためには女性男性とは言っておられない面もありました。

また企業内で留まっていたら新しい研究も生まれません。女性、男性のそれぞれの力を発揮するための要件というものは異なっており、何をすれば良いのか、どのようにすれば良いのかというところがDDユニットに加わって議論するうちにだんだん見えて来るというところ、 さらに企業と大学間で共通の目的を持った女性研究者が協働できることにこのユニットの魅力を感じています。

今後どのようにユニットが育ち、成果を上げることができるか一緒に育て、見ていきたいと思います。

pagetop