left
トップページ > 大学案内 > 学長メッセージ
spacer
“世界で活躍する人材の育成を目指して”

 東京医科歯科大学は、医歯学総合研究科、保健衛生学研究科、生命情報科学教育部、疾患生命科学研究部の4つの大学院組織、医学部医学科、医学部保健衛生学科、歯学部歯学科、歯学部口腔保健学科の4つの学部学科組織、教養教育を担当する教養部、生体材料工学研究所、難治疾患研究所の2つの附置研究所、および医学部附属病院、歯学部附属病院を擁する日本唯一の医療系総合大学院大学です。
 本学が学生諸君に求める人間像は、あらゆる事象に好奇心を持ち、その多様性を尊重しつつも変化を求め、未知なるものへのチャレンジ精神を備え、真理を探究する努力を惜しまぬ科学者像であります。それは、「医学」を学び、「医学・医療」に携わる人に求められる姿そのものです。しかも、 その「科学」は「人が生きる」上で役立つものでなければなりません。従って、学生諸君はそれぞれの将来において、それまでの苦労を超えた、科学者としての無上の喜び、充実した達成感を得ることになります。
 本学は、社会の要請に応え得る医師、歯科医師、コ・メディカルスタッフの養成は勿論、世界の第一線で活躍し得る研究者、指導者の育成を目指しております。したがって、大学は勉強するところではなく、勉強する方法を自ら学び、自律するための場であるとの認識を学生諸君に徹底しております。 以上の目標、目的を達成するため、本学では3つの教育理念を掲げております。


1)幅広い教養と豊かな感性を備えた人間性の養成
 論語に「君子は、器ならず」、とあります。ここで言う「器」とは特定の目的に使用される道具です。君子は決して単なる専門家ではいけないという意味です。「君子」とは学者、そして聖人を意味しますが、幅広い知識、豊かな感性が必要だと言っております。医療人こそ、ここで言う「器」であってはならないのです。
 弟子が孔子に、「生涯守るもので一つを挙げるとしたら、それは何でしょうか」と尋ねたところ、「それは恕です。自分にして欲しくないことは、人にしてはならない」と孔子は答えております。「恕」とは「思いやり」を意味します。さらに弟子の曾子は、老師の人生は忠(まごころ)と恕(思いやり)、それに尽きますと述べています。「忠」とは、自分の良心に忠実なことを意味しますが、それだけでは他人に通用しない。そこで「恕」すなわち他人の身になってみて考える知的な同情を併せ持つことが大切だと答えています。
 この「知的」というところが肝心で、単なる優しさ、憐みではなく、幅広い教養に根づいた同情を意味します。「忠」と「恕」とが一体となっているのが論語の根本原理「仁」なのです。まさに医療人たる心得を述べていると言えます。  私たち、医療の現場では、当然最善を尽くします。そこではある達成感があります。しかし、それだけでは自己満足にしか過ぎません。「最善を尽くしました」では済まされないのです。医療現場での達成感とは患者さん、ご家族の方々から「ありがとうございました」ということばがあって、はじめて真の達成感が得られるものです。私たち医療人の「忠恕」には患者さん、ご家族からの「ありがとう」との「答え」が必要なのです。
 医学に携わるものは、「死とは」「老いるとは」というような、従来なら哲学の領域だったテーマにも関心を持ち、造詣を深めておき、自らの哲学的思考を絶えず磨き続ける努力をしていなければなりません。というのは、「再生医療」や「遺伝子治療」が注目されてきた最近の医療現場では、様々な場面で倫理上の決断を否応なく迫られることになるからです。
 教養教育を通じて、幅広い知識や思考法などを獲得し、人間としてのあり方や生き方への深い洞察力を養うことが求められます。


2)自己問題提起、自己問題解決型の創造的人間の養成
 最近まで、詰め込み教育を蔑視する傾向がありました。しかし、私たち医療人に限っては別です。先ず十分な知識、技術を身につけて、初めて的確な問題発見・適切な問題解決が可能となります。そうして、将来リーダーシップを発揮できる研究者、教育者、臨床家が育つというものです。一流のリーダーになるには、「知」と「技」に「ゆとり」があってはじめて可能となります。同時に、そのためには努力、忍耐が必要で、それに負けないだけの「健康と体力」にも「ゆとり」が必要です。
 また、「知識や情報を沢山得て、どれだけ習っていても自分で考えてみないと、自分の人生でどう生かせばよいのか分からない。逆に、個人の理性の中だけに頼った思案だけでは独善的になって過ちを犯すことになり兼ねない」という意味の言葉がありますが(『学びて思わざれば則(すなわ)ち岡(くら)く、思いて学ざれば則ち殆(うたが)う。』)、これは、カントの批判哲学『知識は経験と共にはじまるが、思惟がなければ盲目となる。』を連想させる孔子の発想です。学生諸君には、教養科目、専門科目のいずれにおいても、決して蔑ろにすることなく自ら学んで、自ら問いかける学問をしていただきたい、そして自ら答えを導き出す能力を自ら育む習慣を身につけてもらうことを期待しております。


3)国際性豊かな医療人の養成
 本学は臨床面でも研究面でも国際舞台でリーダーシップがとれる医療人を養成することが期待されております。日本人としての幅広い教養を身につけ、日本の精神文化と豊かな感性を備えて、はじめて国際性豊かな人材が育まれるものです。幅広い教養を身につければ、日本の文化に根付いた教育、研究、臨床を創出できる医療人が育つものと期待しております。
 医学部ではハーバード大学での臨床実習を行っており、今まで32名の学生が参加し、教育現場で高い評価を得ています。歯学部においてもそのような教育カリキュラムの導入について検討を開始しております。これは、教育を外国に委託するということではなく、また単なる物まねでもありません。確かに「学ぶ」とは「まねる」から派生したことばのようですが、本学では既に「まねる」から脱して本学独自の教育システムを構築してきました。
 また、それとは別に各学部学科の成績・就学態度の優秀者には数ヶ月の海外研修の機会が与えられます。すべての学生諸君に頑張ってもらって、是非その機会を掴んでもらいたいと思っております。
 最後に、論語に「徳は孤(こ)ならず、必ず鄰(となり)有り」とあります。これは、人間としての徳を磨き、徳を備えれば、一見孤立しているように見えても、必ず理解者、感銘を受けた人が傍に集まってくるものです。大学時代に多くの良き友人、尊敬する先輩、師匠、恩師に出会い、“自分自身を磨いてもらいたいものです”。人こそ生涯にわたる貴重な財産となります。


学長   

right
space
copyrightこのサイトについてお問い合わせプライバシーポリシー
東京医科歯科大学
e_name Sitemap
   
go to english page
retop 大学案内 教育研究組織 附属病院 採用・公募 学内専用情報
spacer