グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 細胞生物学分野  > トピックス

トピックス




【New!】稲葉弘哲助教が、第9回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム優秀賞を受賞しました。


第9回 CBIR・ONSA共催 若手インスパイアシンポジウム
(⽇時) 2017年2月11日 (Sat) 9:00 – 17:00
(会場) 特別講演・⼝頭発表: 7 号館4F・第4 講義室
     ポスター発表: 医科新棟5 階・症例検討室
において、稲葉弘哲助教の発表「Ndel1 は増殖細胞において⼀次線⽑形成を抑制する」
が優秀賞を受賞しました。

CBIR:脳統合機能研究センター(Center for Brain Integration Research)
ONSA:御茶ノ⽔ニューロサイエンス協会(Ochanomizu NeuroScience Association)

石井智浩講師が、
平成28年度東京医科歯科大学医学研究奨励賞を受賞しました。



Nature Communications誌で発表した、細胞内カルシウムシグナルの光遺伝学ツール開発の論文は、Nature Publishing Groupの「注目の論文」としても紹介されました。
Light generation of intracellular Ca2+ signals by a genetically encoded protein BACCS.
Tomohiro Ishii, Koji Sato, Toshiyuki Kakumoto, Shigenori Miura, Kazushige Touhara, Shoji Takeuchi, Takao Nakata.
Nature Communications. 2015 Aug 18; 6:8021. doi: 10.1038/ncomms9021

(論文概要は研究報告ページよりご覧いただけます)

当研究は日経産業新聞8面(平成27年8月27日)
科学新聞1面(平成27年8月28日)に掲載され、
TBSテレビ「未来の起源~若き研究者たちの挑戦~」
(平成27年9月27日(日)22:54〜23:00)にも出演しました。

さらに実験医学(羊土社2016.03; 34(4); 601-606)には、石井講師が開発したBACCS(Blue light-activated Calcium Channel Switch、青色光活性化カルシウムチャネルスイッチ)を使った実験法が掲載されました。