グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 臨床腫瘍学分野  > 研究

研究

研究テーマは、緩和医療学に関わるものと本学食道胃外科や呼吸器内科との共同での食道がん、肺がんの包括的診療に関わるものである。現時点では以下のテーマを検討している。また臨床研究のフィールドとして、栃木県立がんセンター緩和ケア病棟とも協力していく。


・診断時から早期に緩和ケアを提供する体制整備に関する研究

 2007年から策定されたがん対策推進基本計画では、治療早期からの緩和ケアが謳われていた。2012年からの新たな推進基本計画では、がんの診断時からの緩和ケアの提供について謳われている。当分野では、院内緩和ケアチームや臨床各科と協働して、効率的な緩和ケアの提供体制の整備についての研究を進める。


・QOLの障害を最小化した食道がん診療体系の構築に関する研究

 食道がんでは病変の進行度に比して、根治性を目指した治療の侵襲が大きくなる傾向がある。本学の食道胃外科は食道がん手術の経験が豊富であり、また診断早期から終生期まで系統的に診療を継続している。当分野では共同で食道がんの包括的で理想的な診療体系の構築についての研究を行う。


・がん患者支援プログラムの開発・医療資源の整備に関する研究

 がん診療の進歩により、 “がんサバイバー”と言われる人が増加している。当分野では、がん患者サロンやピアサポート、患者大会等にも積極的に関わり、支援プログラムや医療資源の整備に寄与する研究を進める。


・肺がんにおける新規抗がん剤におけるバイオマーカーの役割についての研究

 肺がんは未だに治癒が困難な疾患であり、罹患率は男女ともに増加している。近年の分子標的治療薬の開発により、特定の遺伝子異常の有無による効果予測が可能になってきた。当分野では基礎医学の研究室と共同で、肺がんにおける新しいバイオマーカーの役割についての研究を進める。