グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > 学生生活サポート  > 国民年金について

国民年金について

在学中の保険料の納付が 猶予される「学生納付特例制度」についてご案内します。


学生納付特例制度について

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
学生納付特例制度は、所得の無い学生の方が、将来、年金を受けることができなくなることや 不慮の事故などで障害が残ってしまった場合に、障害基礎年金を受けることができなくなることを 防止するため、ご本人の申請により保険料の納付を猶予する制度です。
猶予を受けるには、毎年、申請をする必要があります。
詳しくは、 社会保険庁の“学生納付金特例制度”をご覧ください。

学生納付特例制度について(社会保険庁サイト)

学生納付特例制度についての情報はこちら(別ウィンドウで開きます)