グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > 留学情報  > 海外留学 先輩の声

海外留学 先輩の声

先輩たちの生の声をお届けします!


海外研究実習(プロジェクトセメスター等)
インペリアル・カレッジ・ロンドン派遣学生(医)2015年度インペリアル派遣学生
ソウル大学派遣学生(医)2016年度ソウル大派遣学生

海外臨床実習(Overseas Clinical Experience)
ハーバードメディカルスクール派遣学生(医)2016年度HMS派遣学生
ハーバードメディカルスクール派遣学生(医)2016年度HMS派遣学生
ハーバードメディカルスクール派遣学生(医)2016年度HMS派遣学生
ネバダ大学派遣学生(医)2016年度ネバダ大学派遣学生
ボストン大学派遣学生(歯)2016年度ボストン大学派遣学生
ボストン大学派遣学生(歯)2016年度ボストン大学派遣学生

短期海外研修
チュラロンコーン大学派遣学生(保)2016年度チュラロンコーン大学派遣学生
ラオス保健科学大学派遣学生(保)2016年度ラオス保健科学大学派遣学生
ラオス保健科学大学派遣学生(保)2016年度ラオス保健科学大学派遣学生
ラオス保健科学大学派遣学生(保)2016年度ラオス保健科学大学派遣学生
ワシントン大学派遣学生(保)2016年度ワシントン大学派遣学生

今回の海外研修はいかがでしたか?(印象に残ったこと、身になったこと、感じたこと、日本との違い等)
国際学会への参加において日本ではなかなか話す機会に恵まれない欧州の研究者との交流があった。話題は研究については当然ながら、日本や欧州連合の情勢、日本の学生生活などについてが多く、考えを聞かれることがあった。そのときに、日本人としての考えを伝えるためには本人の教養がなければ答えることができないと思う。今回、いろいろな話をしているなかで自分自身も教養を高める必要があると感じた。日本では英語が話せることが素晴らしい、話せれば良いと考えられていると思うが、国際社会の中では英語は使えて当然のコミュニケーションツールであるので、英語が話せるだけでは評価されないと思った。