グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 口腔機材開発工学分野  > 研究テーマ

研究テーマ

本分野では,ものつくりの技術を科学的な基盤をもとに進展させ,医療機器の開発と加工に活かすための技術の研究と開発を行っています.具体的には以下のようなテーマを対象としています.


1)象牙質の機械的性質に及ぼす各種因子の検討
2)象牙質と各種歯冠修復材料の疲労特性の評価
3)歯科用セラミックスの現状評価と新しい評価方法の確立
4)象牙質に類似する被削性を有するコンポジットレジンの開発
5)歯根破折挙動の解明
6)ガラス繊維の歯科応用
7)硬質レジンの物性評価と各種材料との接着性の改善
8)マウスガードとフェイスガード材料の衝撃吸収能の評価方法
9)コンポジットレジンの摩耗性の評価
10) 歯ブラシ,インターデンタルブラシの評価

研究の紹介

万能試験機で圧縮試験,引張試験を行います.

CCD顕微鏡で表面観察や形状測定を行います.

37℃水中で象牙質の引張試験を行っています.

マウスガードの接着性の評価

電磁式微小試験を用いて37℃水中で疲労試験を行っています.

電気融解炉電動遠心鋳造機にて温度制御下にて鋳造体を製作します.