グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 生命倫理研究センター  > 研究倫理講習会

研究倫理講習会

ヒト(試料・データを含む)を対象とする研究を行う全ての研究者は研究倫理講習会の受講が義務付けられています。

当センターでは、ヒト(試料・データを含む)を対象とする研究を行う全ての研究者が研究倫理講習会を受講できるように、様々な受講の機会を設けております。
どの方法で受講したとしても、同一の講習会を受講したものと見做されますので、必ずいずれかの方法で受講するようにしてください。

研究倫理講習会を受講した者には、受講証番号が発行されます。
本学で倫理審査を申請する際に必要となりますので、受講証の原本は大切に保存願います。


研究倫理講習会受講証番号の照会と有効期限について

有効期限について

研究倫理講習会受講証番号は、3年度に限り有効です。
有効期限が切れた次の年度の研究倫理講習会を必ず受講してください。
次の年度の研究倫理講習会を受講するお約束の元に、年度初めの倫理審査申請は古いものでも申請は可能です。

平成29年度の有効な番号は、27-XXX ・ 28-XXX ・ 29-XXX の3種類の受講番号です。

(例)平成27年度の講習会を受講した際(27-XXX)の有効期限は、平成30年3月31日まで。
  平成30年度講習会を受講するお約束の元に、平成30年4月~6月は申請は可能。

注1)受講証番号の有効期限が切れている研究者が含まれている研究計画については、受講証番号を更新後、研究計画書の変更申請を行ってください。
注2)新しい年度のeラーニングの開始前に、昨年度のeラーニングを受講した場合には、有効期限の開始は昨年度から起算します。

(例)平成28年度のeラーニングを平成29年4月30日に受講した場合、有効期限は平成30年度まで。

受講証番号の照会方法

受講証番号は、倫理審査申請システム(https://web-ura.tmd.ac.jp/rinri/)から照会が可能です。

①ご自身の受講証番号を確かめる

②分野長や共同研究者の受講証番号を確かめる

研究倫理講習会の受講方法

研究倫理講習会の受講方法は2つです。
ご都合の良い受講方法をお選びください。

※!!注意事項!!※
時々、「即日、受講証番号がほしい!無いと研究ができなくなってしまう!!」といった悲痛なお電話をいただきます。
どんなにお願いされましても、ルールに則った受講をしていただかない限りは、受講証番号は発行されません。
ましてや即日に受講証番号は、発行されません。
深夜や休日にお電話やメールをいただいても対応は出来かねます。
研究計画だけでなく、研究倫理講習会のご受講に関しても「 計画的 」にお願いいたします。

①決められた日時に開催する生講義またはDVD上映会に出席する方法

開催は、5月から6月にかけて、集中的に6回ほど行います。
7月以降のeラーニング開始後は、10月と翌年2月にDVDによる上映会を開催します。

講習会日程は、こちらから

開催の日時は、随時『倫理審査申請システム(https://web-ura.tmd.ac.jp/rinri/)』のメインメニュー【講習会の開催予定】でご確認ください。

受講には「倫理審査申請システム」からの予約が必要となります。
予約完了後に出力されるQRコード付の受講票を当日はA4サイズの用紙にプリントアウトしてお持ちください。

↓↓倫理審査申請システムの「講習会の開催予定」はこのように表示されます。↓↓

☆受講の流れと注意事項☆

①倫理審査申請システムより受講の予約
※枠がある限り、受講開始の直前まで予約は可能です。
※定員に達した場合でも、キャンセル待ちをすることができるようになりました。
キャンセルが発生した場合には、自動的に受付順で予約が完了されます。

②当日、持参していただくものは、QRコードの受講票と講義資料です。
 ・QRコードの入った受講票をA4サイズでプリントアウトした物
 ・講義資料(事前配布は無い場合もあります)

③受講日当日は、余裕をもって会場へおこしください。
開始時間直前は、混雑が予想されますので、概ね10分前にはお越しください。

④受付で、係の者が「受付印」を押印いたします。
※プリントアウトした物は一旦お返しします。

⑤講義を受けていただきます。(約1時間~1時間半)
10分以上の遅刻や離席をした場合、早退した場合は、受講と見做しません
「仕事が忙しい」「診療が終わらなかった」等は理由になりません。


⑥講義が終わりましたら、QRコードの受講票を回収BOXへお入れください。
受講の受付がされていてかつ回収BOXへ受講票を提出した方のみ受講番号は発行されます。
※あとで提出されても受取はいたしません。
※「受付印」がない受講票は無効です。

⑦約3日程度(土日祝除く)で倫理審査申請システムに受講証番号が反映されます。
※年度初めの講習会シーズンはもう少しお時間を頂きます。
※QRコードのプリントアウトを忘れた方につきましては、約1週間程度かかります。

⑧受講証の原本は、約1ヶ月程度で、分野ごとにまとめて学内便で送付致します。
※個人名では送付しませんので、必ず分野よりお受け取りください。

②WebClassを使用したeラーニングを受講する方法

※平成29年度版eラーニングを公開しました。(H29.6.23)

受講登録完了後は、学内LANへ接続したPCよりお好きな時に受講が可能です。
※学外からのVPN接続の場合は上手く受講できないことがありますので、学内LANに接続されたPCでの受講を推奨しています。

1.5時間程度の講義動画を視聴した後、確認テストを受験し、全問正解することで、受講番号が発行されます。

現在実施しているeラーニングは「 平成29年度 」の講習会です。
有効期限は、平成31年度末までとなります。


☆受講の流れと注意事項☆

登録受付等の対応可能時間帯: 平日8:30~17:15

①まずは電子メールにて受講登録をお願いいたします。
 宛先 kenkyo.adm (ここに@を入れてください) cmn.tmd.ac.jp
 件名 研究倫理講習会eラーニング受講希望
 本文:以下の5項目の情報を記載
   ①氏名(漢字)
   ②氏名(ふりがな)
   ③所属分野名
   ④本学での身分(職名等)
   ⑤職員番号または学籍番号(8桁)

②登録が完了しますと、詳しい受講方法の記載されたメールが届きます。

③WebClass( http://lib02.tmd.ac.jp/ )へログインします。
※統合IDを有している学生、教職員等はご自身の統合IDと統合IDのパスワードでログインできます。

④講義動画を約1.5時間視聴します。

⑤確認テストを受験します。
テスト完了後に、研究基盤係(kenkyo.adm (ここに@を入れてください) cmn.tmd.ac.jp)までメールでお知らせください。
※テストの結果や回答は、受講者からは見れません。
※対応時間は、平日8:30~17:15です。それ以外の時間にメール等された方は、翌日以降の対応となります。

⑥テスト結果を通知します。不合格の方は再度、受験してください。
※全問正解で合格です。
※受験は3回まで可能です。それを超えて再受験される方は、ご連絡ください。

⑦合格の通知後、約3日程度で倫理審査申請システムに受講証番号が反映されます。

⑧受講証の原本は、約1ヶ月程度で、個人宛に学内便で送付します。

研究倫理講習会に関するお問い合わせ先

統合研究機構事務部 研究基盤係

内線 5778
メールアドレス kenkyo.adm (ここに@を入れてください) cmn.tmd.ac.jp

場所:1号館西4階