tsugawa.jpg
都河 明子   Akiko Tsugawa

所属・役職

医学博士
東京医科歯科大学留学生センタ−・教養部教授

研究室

東京医科歯科大学 留学生センター
〒101-0062 東京都千代田区駿河台2-3-21
TEL : 03-5283-5858   FAX:03-5283-5960
Email : tsugawa.las@tmd.ac.jp

学歴

昭和37年3月 桜蔭学園高等学校卒業
昭和42年3月 東京大学理学部・生物化学科卒業
昭和57年6月 医学博士号取得(東京大学)
「大腸菌リボソ−ムRNAの合成と制御に関する研究」

職歴

昭和43年4月〜昭和63年6月 東京大学医科学研究所 文部技官・文部教官助手
研究課題[ジフテリア毒素の蛋白合成阻害機構等] 及び「遺伝子転写制御に関する研究」
昭和61年7・8月 アメリカ国立ガン研究所(ポスドク)
昭和63年7月〜平成6年1月 日本レダリー株式会社 研究開発本部・企画部 課長
[抗癌剤等の研究開発・新薬の導入検討・海外導出等]
平成6年1月〜平成13年3月 東京大学理学系研究科・理学部国際交流室 講師
平成6年4月〜平成13年3月 聖路加看護大学・非常勤講師「生化学」
平成13年4月〜 東京医科歯科大学留学生センター 教授
平成13年4月〜平成14年3月 青山学院大学・非常勤講師「生物学」
平成17年4月〜平成19年3月 東京女学館大学・非常勤講師「科学とジェンダー」

賞罰

昭和45年4月 日本細菌学会黒屋奨励賞受賞
「ジフテリア毒素の蛋白合成阻害機構について」
昭和63年5月 エッソ女性のための研究奨励賞受賞
      「大腸菌リボソ−ムRNAの合成と制御に関する研究」
平成7年5月 フルブライト・グラント授与「米国の高等教育視察」
平成19年4月 文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解増進部門)

専門分野

分子生物学、国際教育、科学教育、科学とジェンダ−

学会・所属団体等

研究業績目録

英文

  1. I. Kato & A. Watanuki-Tsugawa: "Chemical structure and biochemical action of diphtheria toxin". Symposium on the Chemical Control of the Human Environment, Johannesburg, South Africa (1969)
  2. I. Kato & A. Watanuki-Tsugawa: "Effect of diphtheria toxin on lysosome activity in leukocytes and Ehrlich Ascites tumor cells". Japan J. of Exptl. Med. 40, 87-100 (1970)
  3. A. Tsugawa, Y. Ohsumi & I. Kato: "Inhibitory effect of diphtheria toxin on amino acid incorporation in Esherichia coli cell-free system". J. Bacteriol. 104, 152-157 (1970)
  4. I. Kato & A. Tsugawa: "Diphtheria toxin and lysosomes". Symposia Cell Biol. 21, 253-261 (1970)
  5. A. Ishihama, N. Shimamoto, H. Aiba, K. Kawakami, H. Nashimoto, A. Tsugawa & H. Uchida: "Temperature-sensitive mutations in the alpha-subunit gene of Escherichia coli RNA polymerase". J. Mol. Biol. 137, 137-150 (1980)
  6. A. Tsugawa & H. Uchida: "In vitro Transcription of bacteriophage lambda rifd18 DNA." In: RNA Polymerase, Transfer RNA and Ribosomes; Their Genetics and Evolution (eds. S. Osawa, et al) p425-436, Univ. of Tokyo Press, Tokyo (1980)
  7. N. Nitta, O. Kuge, S. Yui, A. Tsugawa, K. Negishi & H. Hayatsu: "A new reaction useful for chemical cross-linking between nucleic acids and proteins". FEBS Letters 166, 194-198 (1984)
  8. A. Tsugawa, T. Kurihara, M. Zubar, D. L. Court & Y. Nakamura: "Escherichia coli NusA protein binds in vitro to an RNA sequence immediately upstream of the boxA signal of bacteriophage lambda". EMBO J. 4, 2337-2342 (1985)
  9. Y. Nakamura & A. Tsugawa: "Role of Escherichia coli NusA protein in transcription termination: ts mutant and RNA recognition". In: Sequence Specificity in Transcription and Translation, UCLA Symposia on Molecular and Cellular Biology, New Series, Vol. 30 (eds. R. Calendar & L. Gold), p185-196, Alan R. Liss, Inc., New York (1985)
  10. Y. Nakamura, S. Mizusawa, D. L. Court & A. Tsugawa: Regulatory defects of conditionally lethal nusAts mutant of Escherichia coli: positive and negative modular roles of NusA protein in vivo. J. Mol. Biol. 189, 103-111 (1986)
  11. Y. Nakamura, S. Mizusawa, A. Tsugawa & M. Imai: "Conditionally lethal nusAts mutation of Escherichia coli reduces transcription termination but does not affect antitermination of bacteriophage lambda". Mol. Gen. Genet. 204, 24-28 (1986)
  12. M. Saito, A. Tsugawa, K. Egawa & Y. Nakamura: "Revised sequence of the nusA gene of Escherichia coli and identification of nusA11(ts) and nusA1 mutations which cause changes in a hydrophobic amino acid cluster". Mol. Gen. Genet. 205, 380-382 (1986)
  13. Y. Nakamura, A. Tsugawa, M. Saito & K. Egawa: "Genetic dissection of the nusA protein of Escherichia coli". In: RNA Polymerase and the regulation of Transcription. (Elsevier Press Co.), p367-380 (1987)
  14. A. Tsugawa, M. Saito, D. L. Court & Y. Nakamura: "nusA amber mutation that causes temperature-sensitive growth of Escherichia coli". J. Bacteriol. 170, 908-915 (1988)
  15. Y. Nakamura, A. Tsugawa, L. W. Fornwald, S. D. Showalter & D. L. Court: "Murine monoclonal antibodies which recognize active sites of Escherichia coli NusA protein and epitope mapping by gene fusion". Gene 80, 13-19 (1989)
  16. A. Tsugawa: "Foreign students in Japan". In: The Role of Intellectual Potential in a New World (Proceeding of 10th International Conference of Women Engineers and Scientists at Hungary), p237-239 (1996)
  17. A. Tsugawa & K. Hirano: "Country Report -Japan-". In: Report of the UNESCO Asia Pacific Science Conference at Australia, p255-257 (1998)
  18. M. Kazuno, A. Tsugawa et al: "Voluntary science demonstration for citizens by women scientists- Environmental preservation-". In: Science and Technology for Global Ecology (Proceeding of 11th International Conference of Women Encineers and Scientists at Japan), p526 (1999)
  19. A. Tsugawa: "Women Scientists in Japan -History and Today-" In: Proceedings of 12th International Conference of Women Engineers and Scientists, Ottawa, Canada (2002)
  20. A. Tsugawa & Yukiko Konami: "Women Scientists in Japan -Today and Future-" The Journal of Society of Japanese Women Scientists (2003)
  21. A. Tsugawa: "Gender in Science -History, Current and Future" In: Japan's Educational Challenge (eds. E.A. & K.T. Jones) Fulbright Memorial Fund (2003)
  22. A. Tsugawa and M. Sekine: "Japan's First Attempt at Promoting Women in Science" The Project Report of the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (2003)

和文論文・著書等

  1. 加藤 巖、綿貫(都河)明子:「毒素の物質代謝阻害作用」
    蛋白質・核酸・酵素 13, 6-82(1968)
  2. 都河 明子、内田 久雄:「超遠心機」
    Medical Apparatus Culture 11, 16-19(1970)
  3. 加藤 巖、都河 明子:「タンパク毒素」
    講談社サイエンティフィク p15-48、p528-546(1972)
  4. 都河 明子:「大腸菌リボゾ−ムRNAの合成と制御に関する研究」
    日本細菌雑誌 37, 863-873(1982)
  5. 都河 明子、嘉ノ海暁子著:「拓く−日本女性科学者の軌跡−」
    ドメス出版(1996年)
  6. 都河 明子編:「親と子の理科実験教室−考えよう地球環境ー」
    平成8年度文部省女性社会参加支援特別推進事業報告書(1997年2月)
  7. 都河 明子、森永 春乃、奥田 沙織、村上剣十郎: 「アンケ−ト調査報告−留学生専門教育教官分科会結成にあたって−」
       留学生教育 1, 55-61(1997年3月)
  8. 都河 明子:「東大における外国人留学生事情」
    学士会会報 No.816, 102-106(1997年7月)
  9. 都河 明子:「アメリカの大学における留学生対応策−日本との比較−」
    留学生教育 2, 83-90(1997年11月)
  10. 都河 明子、桧山 澄子、真島 澄子、加藤万里子、丸山 千秋、 細田真奈美、山形 浩実:「女性科学者の参画で豊かな社会を」
    岩波「科学」 68,475-483(1998)
  11. 都河 明子:「資料でみる女性科学者の歩みと未来」
    岩波「科学」 68,484-490(1998)
  12. 都河 明子:「医学を志す若き女性へのメッセ−ジ」
    第11回国際女性技術者・科学者会議医療部門分科会随筆集 p26-28(1999年7月)
  13. 奥田沙織、栗田玲子、佐藤 進、都河明子、永井由香、村上剣十郎、森永春乃: 「留学生専門教育教官アンケ−ト調査報告」
    留学生教育 別冊(1999年8月)
  14. 都河 明子、五所恵実子: 「東京大学理学部における学生の短期海外渡航制度について− 第1回インディアナ大学訪問−」
       留学生交流 11(No.10), 8-9(1999年10月)
  15. 都河 明子:「日本の女性科学者たち−歴史・現状・展望−」
    文部省科学研究費基盤研究『数学とジェンダ−』報告集 p33-51(1999年3月)
  16. 都河 明子:「科学・技術と社会−男女共同参画社会の立場から−」
    学術の動向 4(No.11),16-19(1999年11月)
  17. 都河 明子(共訳):「化学物質毒性ハンドブックI-IV」丸善(2000年1月)
  18. 都河 明子:「地球環境保全への科学技術的貢献を世界に示す − 第11回 国際女性技術者・科学者会議を開催して−」
    学術の動向 5(No.2),51-53(2000年2月)
  19. 都河 明子、五所恵実子、中村久美子、坂田奈緒子、杉浦まそみ子、 武田純子:「理学系大学院における日本語のニ−ズについて −留学生および指導教官に対するアンケ−ト調査報告−」
    留学生教育 5,1-26(2000年11月)
  20. 都河 明子:「留学生受入れの現状−東京大学理学系研究科の場合−」広島大学留学生教育 5,21-29(2001年3月)
  21. 都河 明子:「日本の女性研究者たち」サイエンス&テクノロジ−ジャ−ナル 10(No.12),18-19(2001年12月)
  22. 都河 明子:「国立大学留学生センターの相談業務について」 留学生教育 7,159-170(2002年12月)
  23. 都河 明子:「海外女性科学者・技術者団体紹介」第12回国際女性技術者・科学者会議 和文報告集 p15-16 (2002年12月)
  24. 都河 明子:「日本の女性科学者たち−歩み・現状・展望−」第12回国際女性技術者・科学者会議 和文報告集 p17 (2002年12月)
  25. 都河 明子:「科学技術分野における女性研究者の能力発揮」 共同参画21,16-17(2003年1月)
  26. 都河 明子:「日本の女性科学者たち−歩み・現状・展望−」フルブライトメモリアル基金編「日本の教育−将来への挑戦」第11章 (2003年)
  27. 都河 明子・(株)三菱総合研究所編:「科学技術政策提言−科学技術分野における女性研究者の能力発揮」科学技術振興調整費調査研究報告書 (2003年)
  28. 都河 明子:「留学生のための相談業務のあり方に付いて」 東京医科歯科大学留学生センター紀要 第1号 p75‐79(2004年3月)
  29. 都河 明子:「科学とジェンダー」 東京医科歯科大学教養部研究紀要 34,95-108 (2004)
  30. 都河 明子:「翔く−女性研究者の能力発揮」ドメス出版 (2004)
  31. 都河 明子:「科学技術分野における女性研究者の能力発揮」 日本金属学会誌「まてりあ」第43号 p901- 904(2004年11月)
  32. 都河 明子:「イギリスの留学生政策に学ぶ戦略的留学生政策の必要性」 留学生教育 9, p1-5 (2004年12月)
  33. 都河 明子:「大学の国際化−留学生教育の立場から考える」 科学と工業 58,249-252 (2005年3月)
  34. 都河 明子:「女性科学者のパイオニア」(「日本天才列伝」より) 学研 (2005年10月)
  35. 都河 明子:「科学技術分野における多様な人材登用について」 文部科学省科学技術政策研究所−講演録170 (2006年2月)
  36. 都河 明子:「理系に行こう!−女子中高校生のための理系案内−」九天社(2006年8月)

学会発表

  1. 加藤巖、綿貫(都河)明子、佐藤博子: 「ジフテリア毒素の毒作用機構−毒素によるリソゾ−ム酵素の変動」
    日本細菌学会(1968)
  2. 加藤 巖、綿貫(都河)明子: 「ジフテリア毒素とリボソ−ム−特にそのタンパク合成阻害機構」
    日本細菌学会(1969)
  3. I. Kato & A. Watanuki-Tsugawa: "Chemical Structures and Biological Action of Diphtheria Toxin"
    Symposium on the Chemical Control of the Human Environment (IUPAC), Johannesburg, South Africa (1969)
  4. I. Kato & A. Tsugawa: "Diphtheria Toxin and Lysosomes"
    Symposia Cell Biol. (1970)
  5. 都河 明子、大隅 良典、加藤 巖: 「ジフテリア毒素の大腸菌cell-free系タンパク合成に対する阻害効果」
       第43回日本生化学会(1970)
  6. 都河 明子、内田 久雄: 「ジフテリア毒素と大腸菌リボソ−ムの相互作用について」
       第45回日本生化学会(1972)
  7. 都河 明子、内田 久雄: 「ジフテリア毒素と大腸菌リボソ−ムの相互作用について」
    第46回日本生化学会(1973)
  8. 梨本 裕子、都河 明子、内田 久雄: 「大腸菌aroE-strA領域での温度感受性変異株の分離」
    日本分子生物学シンポジウム」(1975)
  9. 都河 明子、梨本 裕子、内田 久雄: 「大腸菌aroE-strA領域での温度感受性変異−第3報 RNA合成への影響」
    日本遺伝学会(1976)
  10. 都河 明子、梨本 裕子、内田 久雄: 「大腸菌aroE-strA領域での温度感受性変異RNA合成への影響」
    日本分子生物学シンポジウム」(1976)
  11. 梨本 裕子、都河 明子、内田 久雄: 「大腸菌aroE-strA領域での温度感受性変異 −第4報 EF-Gのts変異株について」
    日本遺伝学会(1977)
  12. 都河 明子、内田 久雄:「in vitro rRNA合成の制御について」
    第1回日本分子生物学会(1978)
  13. A. Tsugawa, H. Nashimoto & H. Uchida: "In vitro Transcription of *rifd18 DNA"
    Annual Meeting of the American Society for Microbiology, Honolulu, Hawaii (1979)
  14. 都河 明子、内田 久雄:「in vitro rRNA合成の制御について」
    第52回日本生化学会(1979)
  15. 都河 明子、内田 久雄:「in vitro rRNA合成の制御について」
    第2回日本分子生物学会(1979)
  16. 都河 明子、内田 久雄:「in vitro rRNA合成の制御について」
    第3回日本分子生物学会(1980)
  17. 都河 明子: 「in vitroにおける大腸菌リボソ−ムRNAの合成と制御について」
    第48回日本細菌学会関東支部総会(1982)
  18. 新田 紀子、根岸 和雄、都河 明子、早津 彦哉: 「大腸菌リボソ−ム30SサブユニットでのrRNAとrProteinの化学的架橋」
    第6回日本分子生物学会(1983)
  19. 都河 明子、水沢左衛子、中村 義一: 「大腸菌NusAタンパク質のRNA結合能に関する研究」
    第7回日本分子生物学会(1984)
  20. 中村 義一、水沢左衛子、都河 明子、D.L.Court、M.Grunberg-Manago、 今井 六雄:「大腸菌nusAts変異株の研究」
    第7回日本分子生物学会(1984)
  21. A. Tsugawa & Y. Nakamura: "Reverse-transcriptase Mapping of the E. coli NusA Protein-binding Site on the RNA of Bacteriophage Lambda"
    13th International Congress of Biochemistry, Amsterdam (1985)
  22. Y. Nakamura & A. Tsugawa : "Isolation and Characterization of the Conditionally Lethal nusAts Mutant of E. coli"
    Cold Spring Harbor Meeting, New York (1985)
  23. 都河 明子、中村 義一:「大腸菌NusAタンパク質のRNA結合機能」
    第58回日本生化学会(1985)
  24. 中村 義一、都河 明子:「Pausing因子NusAによる転写終結の制御」
    第58回日本生化学会(1985)
  25. 都河 明子、中村 義一:「大腸菌NusAタンパク質のRNA結合機能」
    第8回日本分子生物学会(1985)
  26. 中村 義一、都河 明子: 「大腸菌nusA因子の機能に関する再評価 −λファ−ジの抗転写終結には不必要である−」
    第8回日本分子生物学会(1985)
  27. A. Tsugawa & Y. Nakamura: "The Amber nusA Mutant of E. coli Viable under Sup0 Conditions"
    16th Steenbock Symposium: RNA Polymerase and the Regulation of Transcription, Wisconsin (1986)
  28. Y. Nakamura & A. Tsugawa: "The nusA Gene and its Role in Transcription Termination"
    16th Steenbock Symposium, Wisconsin (1986)
  29. 中村 義一、都河 明子、斉藤美智子: 「転写終結制御シグナルとRNAシグナル」
    第59回日本生化学会(1986)
  30. 都河 明子、斉藤美智子、中村 義一: 「NusAタンパク質の機能ドメイン研究 I. アンバ−フラグメントのin vivo活性」
    第9回日本分子生物学会(1986)
  31. 斉藤美智子、都河 明子、江川 滉二、中村 義一: 「NusAタンパク質の機能ドメイン研究 II. 疎水性アミノ酸クラスタ−上の変異」
    第9回日本分子生物学会(1986)
  32. 中村 義一、都河 明子、江川 滉二、D. L. Court、S. D. Showalter: 「NusAタンパク質の機能ドメイン研究 III. モノクロ−ナル抗体の作製と性質」
    第9回日本分子生物学会(1986)
  33. A. Tsugawa, M. Saito, K. Egawa, L. Fornwald, S. D. Showalter, D. L. Court & Y. Nakamura: "Sequence, Genetic and Monoclonal Antibody Analysis of nusA Protein of E. coli"
    Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, New York (1987)
  34. 都河 明子、斉藤美智子、江川 滉二、中村 義一: 「NusAタンパク質の機能ドメイン研究」
    第10回日本分子生物学会(1987)
  35. 都河 明子、中村 義一:「転写終結とRNA制御」
    第25回日本生物物理学会(1987)
  36. 都河 明子:「アメリカの大学における留学生対応策−日本との比較」
    第1回留学生教育学会(1997)
  37. A. Tsugawa: "Foreign Students in Japan"
    10th International Conference of Women Engineers and Scientists, Hungary (1996)
  38. A. Tsugawa, T. Egawa & Joseph W. Flory: "Troubleshooting for Foreign Students Through an International Advisors Network"
    NAFSA 50th Annual Conference 1998 (Proposal for JAFSA Sessions), Washington DC (May 1998)
  39. 都河 明子:「海外留学生への入学情報の提供について」
    第3回留学生教育学会(1999)
  40. 都河 明子、石坂 公成、ジョーンズ享子、藤井 紀代子、足立 則夫:「国際化と女性」国際女性技術者・科学者会議公開シンポジウム(2001)
  41. A. Tsugawa & Y. Konami: "Women Scientists in Japan -History and Today-" 12th International Conference of Women Engineers and Scientists, Ottawa, Canada (2002)
  42. 都河 明子:「研究者と子育て−文部科学省科学技術振興調整費による調査研究結果報告」日本学術会議公開シンポジウム「研究者への育児支援」(2003)
  43. 都河 明子:「私のボランティア体験」 国際ロータリークラブ「ネットワークを生かそう」(2003)
  44. 都河 明子:「科学技術分野での男女共同参画へのポジティブアクションの進め方」 男女共同参画学協会連絡会1周年大会 (2003)
  45. 都河 明子:「フィンランド・スウェーデンにおける女性科学者のための施策」科学技術社会論学会 (2003)
  46. 都河 明子:「東京医科歯科大学・留学生センターの将来構想」第22回大阪大学留学生教育・支援協議会 (2003)
  47. 都河 明子:「女性研究者の能力発揮」お茶の水女子大学21世紀COEプログラム・国際シンポジウム"科学技術政策とジェンダー"(2004)
  48. 都河 明子:「女性研究者の能力発揮」 日本金属学会2004年春季大会・招待講演(2004)
  49. A. Tsugawa: "Making Changes: Japan's First Step to Promote Women in Science, Engineering and Technology"13th International Conference of Women Engineers and Scientists, Korea (2005)
  50. A. Tsugawa: "Women in Engineering: One Step Forward, One Step Back", in Gender & Leadership Symposium (招待講演) 13th International Conference of Women Engineers and Scientists, Korea (2005) 
  51. 都河 明子:「しなやかにプロフェッショナル−女性研究者になるために」(招待講演) 北海道大学21世紀COEプログラム「明日の水産生命科学を拓く、若い芽・女性の目」(2005)
  52. A. Tsugawa: "Declining Student Enrollment in Science Technology", Working Session 5: Gender and Minorities Issues, OECD Conference, Amsterdam (2005)
  53. 都河 明子:「科学技術分野における多様な人材登用について−女性研究者及び留学生の視点から−」(招待講演) 文部科学省・科学技術政策研究所 (2005)
  54. A. Tsugawa: "Women Chemist: past, Present and Future" (招待講演)Pacifichem 2005 Congress, Hawaii (2005)
  55. 都河 明子:「理系女性〜今がチャンス〜」奈良県・奈良女子大学(2006)
  56. A. Tsugawa: "Let's Challenge Majoring in Science and Technology- You can do it!- " IUBMB Symposium "Carrier Development of Female Researchers in the Life Sciences" (招待講演) Kyoto (2006)
  57. 都河 明子:「留学生教育学会−歴史・現状・展望−」留学生教育学会研究大会・シンポジウム(2006)
  58. 都河 明子:「科学技術分野における女性科学者の育成及び能力発揮」東京農工大学・理系女性のエンパワーメントプログラム(招待講演)(2006)
  59. 都河 明子:「理系分野の女性研究者・技術者〜理系に行こう、今がチャンス!」日本女性技術者フォーラム・大阪大学 (招待講演)(2006)
  60. 都河 明子:「女性研究者支援とジェンダー教育」北海道大学ジェンダーに関する教育研究体制検討WG(招待講演)(2007)
  61. 都河 明子:「理系に行こう!−You can do anything−」女子高校生春の学校・ジュニア科学塾 in 関西(招待講演)(2007)

リンク:   [留学生センター][教養部 HOME][東京医科歯科大学 HOME]