時間割番号: 000872 科目番号: 00030146
S・十進BASICで学ぶ幾何学デザイン
Geometric Design by Decimal BASIC
 
担当教員
 
開講時期 後期 対象年次 1 単位数 1
曜日・時間:金曜2限
対象学科:全学科
(ただし医学科・歯学科の学生は、十進BASICまたは他のプログラミング言語を事前にある程度独習しておく必要があります)
主な講義場所  
計算機実習室
授業の目的、概要等  
前期「情報科学」の授業でおなったプログラミング言語「十進BASIC」によるグラフィクスの応用として、様々な幾何学模様を描くプログラミングの技法を学習します。
(他のプログラミング言語を独自に学習して使用しても構いません)
授業の到達目標  
様々な幾何学デザインの構造を理解し、それらを描画するプログラムを作成できるようになる。
授業方法  
講義およびパソコンを用いた実習
授業内容  
前半は主にサンプルプログラムや幾何学デザインの解説を行い、それに基づいてプログラムを作成します。
後半は各自が考案または収集した幾何学デザインを実現するプログラムを作成し、発表を行ってもらいます。
成績評価の方法  
提出課題による
成績評価の基準  
原則として各授業での課題プログラムをすべて作成・提出し、さらにオリジナルのプログラムを提出することが必須となります。
プログラミングの技術より、独創的なアイディアや幾何学的なセンスを重視して評価します。
準備学習等についての具体的な指示  
幾何学デザインに必要な数学的知識およびプログラミング技法を事前に予習しておくこと。
他科目との関連  
前期の「情報科学」で学習したプログラミングの技法を発展的に活用します。
履修上の注意事項  
前期の「情報科学」で扱った幾何学図形グラフィックスのプログラミング技法(あるいは他のプログラミング言語による同程度の技法)を習得しておくことが必須です。
参照ホームページ  
http://www.thepictaram.club/instagram/shin1tok
(授業で扱う可能性のある幾何学模様のサンプルです)

http://www.tmd.ac.jp/artsci/math/lec/tokunaga/prog_text.htm
(前期「情報科学」のプログラミングテキスト)