時間割番号: 000257 科目番号: 00010130-A
物理学ⅠM
PhysicsⅠM
 
担当教員
檜枝 光憲[HIEDA MITSUNORI]
開講時期 前期 対象年次 1  
曜日・時間:水曜4限
対象学科:医学科
科目を履修して得られる能力(コンピテンシー):別表2-1)、別表4-2)
授業の目的、概要等  
力学は電磁気学と並んで物理学の基礎をなす重要な分野です。物体の落下運動など目で見える力学現象は皆さんの身の回りで起こることであり馴染みがあるでしょう。すでに高校物理でも力学を学び、様々な物体の運動(投げたボールの軌跡、人工衛星の軌道、バネの振動など)の未来の状況(たとえば位置と速度)がわかってしまうことに感動した諸君も多いかもしれません。本講義では微積分を使って大学レベルに発展させ、様々な物体の運動の解析に応用できるようにしていきます。
授業の到達目標  
物体の運動が微分方程式で書けることを理解する。
様々な保存則が導出できることを理解する。
ニュートンの運動方程式(微分方程式)と様々な保存則を使い、いろいろな力学系の運動を解析できるようになる。
剛体の力学の基礎を理解する。
授業方法  
講義と演習
授業内容  
1 物理のための数学基礎
2 力と運動1:運動と微積分
3 力と運動2:運動方程式
4 力と運動3 : エネルギー保存則、束縛運動
5 単振動と指数関数による解法、減衰振動
6 強制振動
7 非慣性系と座標変換
8 仕事と線積分、保存力
9 中間テスト
10 惑星の運動、角運動量保存
11 剛体の力学1
12 剛体の力学2
13 剛体の力学3
14 期末テスト
15 まとめ
成績評価の方法  
授業の到達目標の達成度を主に中間・期末テストおよび授業内演習の提出状況により評価する。

評価 : 試験 80%
     その他 20%(演習の提出状況等)
再評価: 有
成績評価の基準  
「東京医科歯科大学全学共通科目履修規則 別表2」による
準備学習等についての具体的な指示  
授業後にきちんと復習すること。
教科書  
教科書1 ISBN 4785320818
書名 力学
著者名 川村清 著 出版社 裳華房 出版年 1998
参考書  
参考書1 ISBN 9784563025137
書名 基礎物理学力学
著者名 秋光純, 秋光正子, 松川宏, 越野和樹 共著, 出版社 培風館 出版年 2016
オフィスアワー  
毎週金曜日 16:30~17:30 ヒポ4F教員研究室3
連絡先(メールアドレス)  
hieda.las@tmd.ac.jp