時間割番号: 000231 科目番号: 00020007-D
中国語d
Chinese d
 
担当教員
BAO MIN[Bin Hoh]
開講時期 後期 対象年次 1  
曜日・時間:月曜3限
対象学科:保健衛生学科・口腔保健学科
科目を履修して得られる能力(コンピテンシー):1-1, 1-4, 3-1, 3-4
試験の受験資格  
期末考査・再考査・再試験の受験資格 : 原則3分の2以上出席
※期末考査・再考査の受験資格は、前期が中国語a・bを、後期は中国語c・dを合算した出席率で決定する。
※再試験の受験資格は、中国語a・b・c・dを合算した出席率で決定する。前期「中国語a+b」、後期「中国語c」「中国語d」いずれかの期末考査を受験しなかった者には、再試験の受験資格を与えない。
授業の目的、概要等  
過去1年間中国の様々な出来事をテーマごとに分けて紹介し、中国語の文章を読むことで、読解力の向上を目指すとともに、現代中国社会への理解を深めることを目的とします。
授業の到達目標  
辞書を使い、短い中国語の文章が読めるようになること。授業を通じて中国情報を収集するための基礎的な技術を獲得すること。
授業方法  
中国語通年4単位の一部ですが、「中国語c」とは別の教科書を使った授業になります。時事問題に関する文章を題材とする教科書を用い、読解、新出文法事項の学習、内容に関する教員からの解説・学生との討論を行います。

授業内容  
過去1年間中国の様々な出来事をテーマごとに分けて紹介し、激動する中国の今を最新の内容と共に学びます。多様な中国語原文を、より多く読む訓練を実施します。発音練習をかねて本文を読みながら、現代中国社会に対する解説を行います。
成績評価の方法  
評価:期末試験70%・その他(平常点)30%

再評価:有 (再評価方法 「中国語」としての学年末再試験を実施し、上記通年評価と合算して評価する)

※上記は前期「中国語d」の配点。
※通年4単位の中国語の成績(100点満点)は、前期「中国語a+b」(50点)、後期「中国語c」(25点)、「中国語d」(25点)の配点で評価する。
成績評価の基準  
「東京医科歯科大学全学共通科目履修規則 別表2」による。
準備学習等についての具体的な指示  
知らない単語の意味は事前に辞書で調べて来ること。授業にも辞書を持参することが望ましい。
教科書付属のドリルを各自活用すること。
教科書  
教科書1 ISBN 978-4255453224
書名 時事中国語の教科書2019年度版
著者名 三潴正道, 陳祖蓓, 古屋順子 著, 出版社 朝日出版社 出版年 2019
参考書  
参考書1 ISBN 4810200345
書名 Why?にこたえるはじめての中国語の文法書
著者名 相原茂ほか 出版社 同学社 出版年 1996
参考書2 ISBN 4497944387
書名 やさしくくわしい中国語文法の基礎
著者名 守屋宏則 出版社 東方書店 出版年 1995
参考書3 ISBN 978-4876152971
書名 完全マスター中国語の文法
著者名 瀬戸口律子 著, 出版社 語研 出版年 2015
参考書4 ISBN 978-4757420564
書名 中国語の構文
著者名 王亜新 著, 出版社 アルク 出版年 2011
参考書  
次の2つ辞書のうちどちらかを用意することを勧めます。電子辞書を購入する場合も、このいずれかを収録したものが良いでしょう。

・小学館『中日辞典』
・講談社『中日辞典』
他科目との関連  
成績は中国語a/b, c/d をまとめて4単位として評価します。