時間割番号: 000017 科目番号: 00010020
文学AⅡ
Literature AⅡ
 
担当教員
 
開講時期 後期 対象年次 1 単位数 2
曜日・時間: 月曜2限
科目を履修して得られる能力(コンピテンシー):
1−7)人間の心への理解を深める
2−3)言語活動や社会現象を科学的に分析するための方法論を知る
3−2)自らの考えを的確に伝えるための基本的な文章表現能力を身につける
授業の目的、概要等  
この授業では、日本近代文学について「都市」という観点から考えることを目的とする。近代日本における「都市」の成立は、「文学」と切り離すことのできない現象である。また、テクストのなかにみられる「都市」像を解読することは、文学作品のもつ力を捉えるうえで極めて重要なことである。いくつかの具体的な作品を読み解きながら、「文学」と「都市」の関係について考察していきたい。
授業の到達目標  
①都市論についての基礎的な知識を習得する
②文学作品を批判的に分析する力を身につける
③文学研究のレポートの書き方を身につける
授業方法  
講義形式で行なう。受講者は毎回リアクションペーパーを提出する必要がある。
授業内容  
第1回 イントロダクション
第2回 「都市論」について
第3回 高等遊民とはなにか
第4回 近代日本の出版文化
第5回 森鷗外「舞姫」
第6回 田山花袋「少女病」
第7回 谷崎潤一郎「秘密」
第8回 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」
第9回 萩原朔太郎の詩
第10回 萩原恭次郎の詩
第11回 坂口安吾「日本文化私観」
第12回 戦後の探偵小説と〈都市〉
第13回 村上龍
第14回 村上春樹
第15回 日本現代小説と「都市」
成績評価の方法  
評価 : 試験  0% ・ レポート   60% ・ その他(授業中の課題、授業への取り組み)  40%
再評価:  有(再評価方法 再レポート)
成績評価の基準  
「東京医科歯科大学全学共通科目履修規則 別表2」による
準備学習等についての具体的な指示  
①取り扱う文学作品は授業中に配布するので、事前に読んでおくこと     ②配布プリントを再読すること
教科書  
なし
参考書  
授業中に指示する
履修上の注意事項  
出席管理システムより、教員が取る出欠を優先させる。