時間割番号: 000014 科目番号: 00010017
科学史Ⅰ
History of Science Ⅰ
 
担当教員
田中 丹史[TANAKA Akashi]
開講時期 前期 対象年次 1 単位数 2
曜日・時間:金曜2限
科目を履修して得られる能力(コンピテンシー):1-3 人間の歴史的営みを理解する
授業の目的、概要等  
現代社会において科学技術が重要な役割を担っているのは言うまでもない。本講義では、歴史学のアプローチから科学や技術が過去にどのような意義を持っていたのかを分析する。その上で現代社会における科学技術の特徴や科学技術と市民社会との関係を考察することを目標としている。
授業の到達目標  
1. 科学史・技術史の基礎を理解する。
2. 現代社会における科学技術の意義を考察できる。
3. 医療の概史を知ることができる。
授業方法  
板書を中心とする講義形式をとる。ただし適宜リアクションペーパーを配布し、アクティブラーニングも実施する。
成績評価の方法  
評価 : 試験   % ・ レポート   100% ・ その他(     )   %
授業で得た知識を用いて発展的に思考することを求める。再評価:  有(再評価方法 レポート)  
成績評価の基準  
「東京医科歯科大学全学共通科目履修規則 別表2」による
準備学習等についての具体的な指示  
授業中に指示した文献等を使い、各自で予習・復習してください。
教科書  
なし
参考書  
橋本毅彦『〈科学の発想〉をたずねて:自然哲学から現代科学まで』左右社, 2010.
中島秀人『社会の中の科学』放送大学教育振興会, 2008.
履修上の注意事項  
出欠管理システムより教員自身が取る出欠を優先します。