時間割番号: 000003 科目番号: 00010003
倫理学Ⅰ
EthicsⅠ
 
担当教員
田中 智彦[TANAKA TOMOHIKO]
開講時期 前期 対象年次 1 単位数 2
◇ 曜日・時間:金曜2限
◇ 対象学科:全学科
◇ 科目を履修して得られる能力(コンピテンシー)
   別表1-5)人間の思考の枠組みを知り、自らの思考を振り返る
   別表1-9)市民としての倫理観を養う
   別表1-10)現代社会における科学の責任を意識できるようになる
試験の受験資格  
◇ 期末考査・再考査・再試験等の受験資格:原則として3分の2以上の出席
授業の目的、概要等  
 私たちは今日、「いのち」と「ひと」をめぐって倫理的にどのような状況にあるのだろうか。またその状況は、どのようにして今日あるようになったのだろうか。そしてそれは、どのような明日をもたらしうるのだろうか。
 この授業ではこうした問いについて考えてゆきたい。その過程において、私たちの生・病・老・死を取り囲んでいるいわば「4つの bio」――生権力(biopower)・生政治(biopolitics)・生命倫理(bioethics)・生命科学技術(biotechnology)――を歴史的・批判的に検討することになるだろう。
 したがって、倫理の諸理論を概説するという形はとらない。むしろ過去の、また現在の具体的な事例をとりあげ、そこにどのような問題を見いだすか、それらをどのように考えるかに関して一つの視座を示してゆく。そしてそのことを通じて、「限りあるいのちをいかに生きるべきか」「いのちに関わる医療者はいかにあるべきか」という問いを、受講者一人ひとりが自ら探究する手がかりを提供したいと思っている。
授業の到達目標  
(1)「倫理的に考える」ために必要な知的構えの基本を身につけること。
(2)「いのち」と「ひと」をめぐり現代にはどのような問題があるのかを、なぜそうなったのかという理由・来歴とともに理解すること。
(3)「医療者になる」とはどういうことかについてあらためて考え、理解を深めること。
授業方法  
 授業は講義形式で行う(ただし受講者が少ない場合には、セミナー形式に変更することもありうる)。授業ではパワーポイントとレジュメを併用し、折々にドキュメンタリー等の視聴覚資料も用いる。
授業内容  
次の大きく4つのテーマを軸に、また相互に関連づけながら検討してゆく。
1)生権力・生政治の歴史
2)生権力・生政治の現在
3)生命倫理の意義と限界
4)生命科学技術のゆくえ
そしてそれらをふまえて、いのちをめぐる倫理はどのように語られうるか、語られなければならないかを考察してゆく。
成績評価の方法  
◇評価:期末レポート 70%
    授業への参加度 30%
◇再評価:有(レポート)
成績評価の基準  
「東京医科歯科大学全学共通科目履修規則 別表2」による
準備学習等についての具体的な指示  
 この授業は講義形式をとるが、メインとなるのはたんなる知識の伝達などではなく、問いかけとその積み重ねであり、そうして視野を広げ、深めてゆこうとする試みである。そうであるからこそ受講者には、ともすれば今からすでに「専門」へと閉じてゆきかねない自らの視野を、大きく開かれたものにするようこの機会を活用してもらいたい。そのためにも、授業に能動的に参加し、そこで提示される問いや視点についてじっくりと考え、それを専門課程で学ぶことと自ら結びつけてゆく姿勢が望まれる。
教科書  
教科書は用いず、必要な文献・資料はコピーして配布する。
参考書  
参考書1 ISBN 978-4757160491
書名 メタバイオエシックスの構築へ――生命倫理を問いなおす
著者名 小松美彦, 香川知晶 編著 出版社 NTT出版 出版年 2010
参考書2 ISBN 978-4002707822
書名 いのちの選択――今、考えたい脳死・臓器移植
著者名 小松美彦, 市野川容考, 田中智彦 編 出版社 岩波書店 出版年 2010
参考書3 ISBN 978-4061493636
書名 精神医学とナチズム――裁かれるユング、ハイデガー
著者名 小俣和一郎 出版社 講談社 出版年 1997
参考書4 ISBN 978-4260333665
書名 死と身体――コミュニケーションの磁場
著者名 内田樹 出版社 医学書院 出版年 2004
参考書5 ISBN 978-4044075026
書名 死なないでいる理由
著者名 鷲田清一 出版社 角川学芸出版 出版年 2008
参考書  
その他の参考書等は授業の中で随時紹介する。
履修上の注意事項  
出欠については、出欠管理システムの記録と、教員が毎授業時にとる出欠とを併用する。
オフィスアワー  
田中 智彦:
前期:毎週月曜日 12:30〜13:30 管理研究棟2階 哲学研究室
後期:第1・第3水曜日 12:30〜15:00 管理研究棟2階 哲学研究室
連絡先(メールアドレス)  
田中 智彦:tanaka.las@tmd.ac.jp