グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 麻酔・生体管理学分野  > 臨 床  > 静脈麻酔・静脈内鎮静法

静脈麻酔・静脈内鎮静法

歯科治療の前に点滴を取り鎮静薬を投与することで、治療時の不安や緊張を取り除き、リラックスして治療を受けていただけます。
麻酔中、歯科麻酔医が血圧・脈拍など患者さんの状態をチェックします。

このような方に適しています。
歯科治療に恐怖心がある方
治療器具が口に入ると吐き気がしてしまう方
侵襲の大きい手術(抜歯、インプラント埋入など)を行う方

当外来では年間およそ2000例の静脈麻酔・静脈内鎮静法を行っています。

<静脈麻酔・静脈内鎮静法を受ける際の注意点>
*本院にて治療を受けている患者さんが治療担当医を通して麻酔の申し込みをすることができます。
(本院初診の方は他外来にて治療担当医を決めていただく必要があります)
*静脈麻酔・静脈内鎮静法を受ける前に歯科麻酔医による全身状態のチェックを受けていただきます。
*開始前に飲食の制限があります。
*静脈麻酔・静脈麻酔を受けた日は自動車・バイク・自転車等の運転ができません。