TOP >授乳・搾乳室

授乳・搾乳室の開室

※2021年1月12日:新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の影響による「緊急事態宣言」が発令されましたことを受け、授乳・搾乳室は、原則として一時的に閉鎖させていただきます。
ご利用を要する方は、当室までE-mail(info.ang@tmd.ac.jp)にてお問い合わせください。
なお、開室時期は未定です。決まり次第、本HP等でお知らせいたします。

学生・女性支援センター内(5号館3階)の一部屋を授乳・搾乳のスペースとして開設しています。小さいお子さんをお持ちの方、育児休業や産後休暇から復帰が間もない方が学内で授乳や搾乳をする専用スペースとなっています。ご利用の際は、学生・女性センターまでお声かけください。

利用対象者:本学の教職員、学生
利用時間 :9:00~17:00(平日:月曜日~金曜日)

利用方法
利用者には以下、遵守をお願いします。
(1)感染拡大防止のため、事前に男女協働参画支援室/保育支援室(内線4921)に連絡。
(2)入退室時の手指消毒。
(3)マスクの着用。
(4)入退室時のアルコール除菌ティッシュによる環境清拭。
(5)利用者全員の氏名、連絡先を名簿に記録。

注意事項:
(1)利用者は一度に一組のみ、なるべく少人数(大人は1名)で使用する。ただし必要な場合は同伴者の入室を許可する。
(2)搾乳器、ガーゼ、母乳パック、ティッシュペーパーなどは利用者が持参。ゴミは持ちかえりとする。
(3)飲食は禁止とする。
(4)本学「出席停止の判断基準」または「出勤停止の判断基準」に該当する場合は利用不可とする。
(5)利用後、14日以内に身近でPCR 検査で新型コロナウイルス感染症の確定診断者が出たときは当室にも連絡すること。

ご利用可能な室内の備品:
アルコール除菌ウエットティッシュ、手指消毒液
※現在冷凍冷蔵庫はご使用できません。

 

 

 

 

利用者の方からの声

約10ヶ月間、搾乳室を利用させて頂き、ありがとうございました。

おかげ様で、子供も1歳を超え、まだ夜間の授乳はしているものの、日中の搾乳は必要なくなりました。搾乳室を快適に利用させて頂いたおかげで、ストレスなく早めの復帰をすることができ、感謝しています。

また、他の授乳中の方とお話しする機会も持て、楽しかったです。本当にありがとうございました。

これからも、宜しくお願い致します。

 

c Tokyo Medical and Dental University Gender Equality and CareerDevelopment Division.