グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 救急災害医学分野/救命救急センター  > トピックス  > 平成27年度全国救命救急センター機能評価(厚生労働省)で全国一位

平成27年度全国救命救急センター機能評価(厚生労働省)で全国一位

全国救命救急センター機能評価(厚生労働省)で全国一位の評価を受けました。

平成28年3月18日に厚生労働省が発表した「全国救命救急センター評価(平成27年度)」において、当院の救命救急センターが、全国266カ所の救命救急センター中、総合評価で全国第1位となりました。

東京医科歯科大学救命救急センターは2007 年4月、都内23施設目の救命救急センターとして開設されました。都内屈指の受け入れ体制を目指し、全学をあげた取り組みにより、平成23年以来、6年連続、救命救急センター評価全国トップクラスを堅持しています。引き続き、日本の救命救急医療のさらなる発展を牽引すべく、24時間365日、優秀なスタッフが高度で安定した医療を提供してまいります。

全国救命救急センター評価は、「既存の救命救急センターを再評価し、その機能を強化する」との提言等を踏まえ、平成11年度から厚生労働省が実施しています。具体的な評価内容は、1)重篤患者の診療機能、2)地域の救急搬送・救急医療体制への支援機能、3)救急医療の教育機能、4)災害時対応機能、の5つの機能37項目について点数化し評価されています。

本院は例年トップクラスの成績を維持しておりますが、平成26年の調査では、全調査項目において満点を獲得し、全国226の救命救急センター中、第1位の評価となりました。

平成21年度:1位
平成22年度:1位
平成23年度:1位
平成24年度:1位
平成25年度:3位
平成26年度:1位
平成27年度:1位

詳細>> http://www.tmd.ac.jp/medhospital/topics/160606/index.html


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。